日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SAML 認証を無効にします

Unified Manager Web UI にログインするリモートユーザのセキュアなアイデンティティプロバイダ( IdP )による認証を中止する場合は、 SAML 認証を無効にします。SAML 認証が無効な場合は、 Active Directory や LDAP などの設定済みのディレクトリサービスプロバイダがサインオン認証を実行します。

SAML 認証を無効にすると、設定されているリモートユーザに加え、ローカルユーザとメンテナンスユーザもグラフィカルユーザインターフェイスにアクセスできるようになります。

SAML 認証は、グラフィカルユーザインターフェイスにアクセスできない場合は Unified Manager メンテナンスコンソールを使用して無効にすることもできます。

注記

SAML 認証を無効にしたあと、 Unified Manager が自動的に再起動されます。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、 * General * > * SAML Authentication * をクリックします。

  2. [SAML 認証を有効にする *] チェックボックスをオフにします。

  3. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

    設定を完了して Unified Manager を再起動するかどうかの確認を求めるメッセージボックスが表示されます。

  4. [ 確認してログアウト * ] をクリックすると、 Unified Manager が再起動します。

リモートユーザが Unified Manager のグラフィカルインターフェイスにアクセスする際にクレデンシャルを入力するページが、次回から IdP のログインページではなく Unified Manager のログインページに変わります。

IdP にアクセスし、 Unified Manager サーバの URI とメタデータを削除します。