日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ディザスタリカバリのデスティネーションボリュームをアラート生成対象から除外します

寄稿者

ボリュームアラートを設定するときに、ボリュームまたはボリュームグループを識別する文字列をアラートダイアログボックスで指定できます。ただし、 SVM のディザスタリカバリを設定している場合は、ソースボリュームとデスティネーションボリュームの名前が同じであるため、両方のボリュームについてアラートを受け取ることになります。

  • 必要なもの *

アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

ディザスタリカバリのデスティネーションボリュームに対するアラートを無効にするには、デスティネーション SVM の名前を含むボリュームを除外します。これは、ボリュームイベントの識別子に SVM 名とボリューム名の両方が「 <svm_name> : /<volume_name> 」の形式で含まれていることを確認したものです。

次の例は、プライマリ SVM 「 vs1 」上のボリューム「 vol1 」に対するアラートを作成し、 SVM 「 vs1-dr 」にある同じ名前のボリュームはアラート生成の対象から除外する方法を示しています。

[Add Alert] ダイアログボックスで、次の手順を実行します。

手順
  1. [* 名前 *] をクリックして、アラートの名前と概要を入力します。

  2. [* リソース( * Resources ) ] をクリックし、 [* 含める * ( * Include * ) ] タブを選択します。

    1. ドロップダウン・リストから * Volume * を選択し、 * Name contains * フィールドに「 vol1 」と入力して、名前に「 vol1 」が含まれているボリュームを表示します。

    2. 「 * + 」を選択します[All Volumes whose name contains 'vol1'][Available Resources] 領域から [Selected Resources] 領域に移動します。

  3. [* Exclude*] タブを選択し '[* Volume*] を選択し '[* 次を含む名前 ] フィールドに vs1_dr`] と入力し '[*Add] をクリックします

    SVM 「 vs1-dr 」のボリューム「 vol1 」については、アラートは生成されません。

  4. 「 * Events 」をクリックして、ボリュームに適用するイベントを選択します。

  5. [* アクション * ] をクリックし、 [ これらのユーザーに警告 ] フィールドで警告メールを受信するユーザーの名前を選択します。

  6. SNMP トラップを発行してスクリプトを実行するために、このページの他のオプションを設定し、 * Save * をクリックします。