日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Unified Manager を削除しています

寄稿者

Unified Manager は、 1 つのコマンドで Red Hat Enterprise Linux ホストまたは CentOS ホストから停止してアンインストールできます。

  • 必要なもの *

  • Unified Manager を削除するサーバへの root ユーザアクセスが必要です。

  • Red Hat マシンで Security-Enhanced Linux ( SELinux )を無効にしておく必要があります。「 setenforce 0 」コマンドを使用して、 SELinux ランタイムモードを「 permissive 」に変更します。

  • ソフトウェアを削除する前に、 Unified Manager サーバからすべてのクラスタ(データソース)を削除しておく必要があります。

手順
  1. Unified Manager を削除するサーバに root ユーザとしてログインします。

  2. Unified Manager を停止してサーバから削除します。

    「 rpm -e NetApp-um 」を入力します

    これにより、関連付けられているネットアップの RPM パッケージがすべて削除されます。Java 、 MySQL 、 p7zip など、前提条件のソフトウェアモジュールは削除されません。

  3. * オプション:必要に応じて、 Java 、 MySQL 、 p7zip などのサポートソフトウェアモジュールを削除します。

    「 rpm -e p7zip mysql-community-client mysql-community-server mysql-community-common mysql-community-libs java-x.y 」のようになりました

この処理が完了すると、ソフトウェアは削除されます。アンインストール後 '/opt/NetApp/data' ディレクトリのすべてのデータは '/opt/NetApp/data/backup' フォルダに移動されますUnified Manager をアンインストールすると、 Java パッケージと MySQL パッケージも削除されます。ただし、パッケージが必要でシステム上の他のアプリケーションで使用されている場合は除きます。ただし、 MySQL のデータは削除されません。