日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Unified Manager を導入します

Unified Manager を導入するには、ソフトウェアをダウンロードし、仮想アプライアンスを導入し、メンテナンスユーザを作成してユーザ名とパスワードを設定し、 Web UI で初期セットアップを行います。

  • 必要なもの *

  • 導入に必要なシステム要件を確認し、満たしておく必要があります。

  • 次の情報があることを確認します。

    • ネットアップサポートサイトのログインクレデンシャル

    • VMware vCenter Server および vSphere Web Client にアクセスするためのクレデンシャル

    • Unified Manager 仮想アプライアンスを導入する ESXi サーバの IP アドレス

    • データストアのストレージスペースやメモリ要件など、データセンターに関する詳細情報

    • IPv6 アドレスを使用する場合は、ホストで IPv6 が有効になっている必要があります。

Unified Manager は、 VMware ESXi サーバに仮想アプライアンスとして導入できます。

メンテナンスコンソールには、 SSH ではなく、 VMware コンソールを使用してアクセスする必要があります。

注記

Unified Manager 9.8 以降では、 VMware Tools は Open VM Tools (「 open-vm-tools 」)に置き換えられています。「 open-vm-tools 」は Unified Manager インストールパッケージに含まれているため、インストールの一環として VMware Tools をインストールする必要はありません。

導入と初期セットアップが完了したら、クラスタを追加するかメンテナンスコンソールで追加のネットワーク設定を行ってから、 Web UI にアクセスできます。