日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

カスタムレポートを作成するために Unified Manager データベースにアクセスできる

Unified Manager では、監視対象のクラスタからのデータを MySQL データベースを使用して格納します。データは MySQL データベースのさまざまなスキーマに永続化されます。

次のデータベースからすべてのテーブルデータを使用できます。

データベース 説明

NetApp _ モデル

ONTAP コントローラのオブジェクトに関するデータ。

NetApp_model_view

レポートツールの消費に適した、 ONTAP コントローラ上のオブジェクトに関するデータ。

パフォーマンス

クラスタ固有のパフォーマンスカウンタ。

ocum

Unified Manager のアプリケーションデータと、 UI で一部の派生フィールドのフィルタ、ソート、計算に使用される情報。

ocum_report

インベントリの設定と容量に関連する情報のデータ。

ocum_report_BIRT

レポートツールの消費に適した、インベントリの構成と容量に関連するデータのビュー。

OPM

パフォーマンスの設定としきい値の情報。

頭皮管理者

Unified Manager のアプリケーションの健常性とパフォーマンスの問題に関するデータ。

vmware_model

ネットアップストレージでホストされているデータストアの VMware オブジェクトデータ。

vmware_model_view

ネットアップストレージにホストされているデータストアの VMware オブジェクトデータ用ビュー。レポートツールの利用に適しています。

VMWARE_performance

ネットアップストレージでホストされているデータストアの VMware パフォーマンスカウンタデータ。

レポートスキーマロールを持つデータベースユーザーであるレポートユーザーは、これらのテーブルのデータにアクセスできます。このユーザには、レポートおよびその他のデータベースビューに Unified Manager データベースから直接アクセスするための読み取り専用アクセスが付与されます。このユーザには、ユーザデータやクラスタクレデンシャル情報を含むテーブルにアクセスする権限はありません。