日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

API トークンを取得します

Astra Control REST API を使用するには、 Astra API トークンを取得する必要があります。

はじめに

API トークンは、 Astra の呼び出し元を識別し、すべての REST API 呼び出しに含める必要があります。

  • Astra Web ユーザインターフェイスを使用して、 API トークンを生成できます。

  • トークンを使用して伝送されるユーザ ID は、トークンを作成するユーザによって決まります。

  • トークンは 'Authorization’HTTP 要求ヘッダーに含める必要があります

  • トークンは作成後に期限切れになることはありません。

  • トークンは、 Astra の Web ユーザインターフェイスから取り消すことができます。

Astra API トークンを作成

Astra API トークンを作成する手順を次に示します。

Astra アカウントのクレデンシャルが必要です。

このタスクは、 Astra Web インターフェイスで API トークンを生成します。また、 API 呼び出しの際にも必要なアカウント ID を取得する必要があります。

手順
  1. アカウントのクレデンシャルを使用して Astra にサインインします。

    Astra Control Service の次のサイトにアクセスします。 "https://astra.netapp.io"

  2. ページの右上にある図のアイコンをクリックし、 * API access * を選択します。

  3. ページで [API トークンの生成 ] をクリックし、ポップアップウィンドウで [API トークンの生成 ] をクリックします。

  4. アイコンをクリックしてトークン文字列をクリップボードにコピーし、エディタに保存します。

  5. 同じページにあるアカウント ID をコピーして保存します。

Curl またはプログラミング言語を使用して Astra Control REST API にアクセスする場合は、 API ベアラトークンを HTTP’Authorization' 要求ヘッダーに含める必要があります。