日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

URL 形式

寄稿者 dmp-netapp このページの PDF をダウンロード

REST API を使用したリソースインスタンスまたはコレクションへのアクセスに使用される URL の一般的な構造は、いくつかの値で構成されます。この構造は、基礎となるオブジェクトモデルとシステム設計を反映しています。

URL の形式

URL の形式と例を次に示します。

root としてアカウントを作成します

すべての REST エンドポイントへのリソースパスのルートは Astra アカウントです。そして、 URL 内のすべてのパスは「 /account/{account_id} 」で始まります。ここで、「 account_id 」はアカウントの一意の UUIDv4 値です。内部構造:すべてのリソースアクセスが特定のアカウントに基づいている設計を反映します。

エンドポイントリソースカテゴリ

Astra リソースエンドポイントは、次の 3 つのカテゴリに分類されます。

  • コア (`/core')

  • 管理対象アプリケーション (`/k8s')

  • トポロジ (`/topology')

を参照してください "リソース" を参照してください。

カテゴリバージョン

3 つのリソースカテゴリのそれぞれに、アクセスされるリソースのバージョンを制御するグローバルバージョンがあります。規則と定義により ' リソース・カテゴリの新しいメジャー・バージョン (/v1' から /v2') に移行すると 'API の変更が破壊されます

リソースインスタンスまたはコレクション

リソースインスタンスまたはコレクションにアクセスするかどうかに基づいて、パスでリソースタイプと識別子の組み合わせを使用できます。