日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

OpenShift OperatorHub を使用して Astra Control Center をインストールします

Red Hat OpenShift を使用する場合は、 Red Hat 認定オペレータを使用して Astra Control Center をインストールできます。この手順を使用して、から Astra Control Center をインストールします "Red Hat エコシステムカタログ" または、 Red Hat OpenShift Container Platform を使用します。

この手順を完了したら、インストール手順に戻ってを実行する必要があります "残りのステップ" インストールが成功したかどうかを確認し、ログオンします。

必要なもの
  • "インストールを開始する前に、 Astra Control Center の導入環境を準備します"

  • OpenShift クラスタから、すべてのクラスタオペレータが正常な状態にあることを確認します(「 available 」は「 true 」)。

    oc get clusteroperators
  • OpenShift クラスタから、すべての API サービスが正常な状態(「 available 」は「 true 」)になっていることを確認します。

    oc get apiservices
  • データセンターに Astra Control Center の FQDN アドレスを作成しておきます。

  • 説明したインストール手順を実行するために必要な権限と Red Hat OpenShift Container Platform へのアクセスが必要です。

Astra Control Center バンドルをダウンロードします

  1. から Astra Control Center バンドル(「 Astra - control-ccenter-[version].tar.gz` )をダウンロードします "ネットアップサポートサイト"

  2. から Astra Control Center 証明書とキーの zip をダウンロードします "ネットアップサポートサイト"

  3. (任意)次のコマンドを使用して、バンドルのシグニチャを確認します。

    openssl dgst -sha256 -verify astra-control-center[version].pub -signature <astra-control-center[version].sig astra-control-center[version].tar.gz

バンドルを開梱し、ディレクトリを変更します

  1. 画像を抽出します。

    tar -vxzf astra-control-center-[version].tar.gz
  2. Astra ディレクトリに移動します。

    cd astra-control-center-[version]

イメージをローカルレジストリに追加します

  1. Astra Control Center イメージディレクトリ内のファイルをローカルレジストリに追加します。

    注記 以下の画像の自動ロードについては、サンプルスクリプトを参照してください。
    1. レジストリにログインします。

      Docker :

      docker login [your_registry_path]

      Podman :

      podman login [your_registry_path]
    2. 適切なスクリプトを使用して、イメージのロード、イメージのタグ付け、 [[[[[</Z1>[</Z1>[</Z1>_image_local_registry_push]] ローカルレジストリにイメージをプッシュします。 </Z2>

      Docker :

      export REGISTRY=[Docker_registry_path]
      for astraImageFile in $(ls images/*.tar) ; do
        # Load to local cache. And store the name of the loaded image trimming the 'Loaded images: '
        astraImage=$(docker load --input ${astraImageFile} | sed 's/Loaded image: //')
        astraImage=$(echo ${astraImage} | sed 's!localhost/!!')
        # Tag with local image repo.
        docker tag ${astraImage} ${REGISTRY}/${astraImage}
        # Push to the local repo.
        docker push ${REGISTRY}/${astraImage}
      done

      Podman :

    export REGISTRY=[Registry_path]
    for astraImageFile in $(ls images/*.tar) ; do
      # Load to local cache. And store the name of the loaded image trimming the 'Loaded images: '
      astraImage=$(podman load --input ${astraImageFile} | sed 's/Loaded image(s): //')
      astraImage=$(echo ${astraImage} | sed 's!localhost/!!')
      # Tag with local image repo.
      podman tag ${astraImage} ${REGISTRY}/${astraImage}
      # Push to the local repo.
      podman push ${REGISTRY}/${astraImage}
    done

オペレータインストールページを検索します

  1. 次のいずれかの手順を実行して、オペレータインストールページにアクセスします。

    • Red Hat OpenShift の Web コンソールから:Astra Control Center のインストールページ

      1. OpenShift Container Platform UI にログインします。

      2. サイドメニューから、 * 演算子 > OperatorHub * を選択します。

      3. NetApp Astra Control Center オペレータを選択します。

      4. 「 * Install * 」を選択します。

    • Red Hat エコシステムカタログから:Astra Control Center の概要ページ

      1. NetApp Astra Control Center を選択します "演算子"

      2. [Deploy and Use] を選択します。

オペレータをインストールします

  1. 「 * インストールオペレータ * 」ページに必要事項を入力し、オペレータをインストールします。

    注記 オペレータはすべてのクラスタネームスペースで使用できます。
    1. operator 名前空間または NetApp-acc-operator' 名前空間を選択すると、オペレータのインストール時に自動的に作成されます。

    2. 手動または自動の承認方法を選択します。

      注記 手動による承認が推奨されます。1 つのクラスタで実行する演算子インスタンスは 1 つだけです。
    3. 「 * Install * 」を選択します。

      注記 手動承認方式を選択した場合は、このオペレータの手動インストール計画を承認するように求められます。
  2. コンソールで、 OperatorHub メニューに移動して、オペレータが正常にインストールされたことを確認します。

Astra Control Center をインストールします

  1. Astra Control Center オペレータの詳細ビュー内のコンソールから、 [Provided API] セクションの [Create instance] を選択します。

  2. Create AstraControlCenter フォーム・フィールドに次のように入力します

    1. Astra Control Center の名前を保持または調整します。

    2. (オプション) AutoSupport を有効または無効にします。Auto Support 機能の保持を推奨します。

    3. Astra Control Center のアドレスを入力します。アドレスには 'http://' または https:// を入力しないでください

    4. Astra Control Center のバージョンを入力します。たとえば、 21.12.60 と入力します。

    5. アカウント名、 E メールアドレス、および管理者の姓を入力します。

    6. デフォルトのボリューム再利用ポリシーをそのまま使用します。

    7. * Image Registry * に、ローカルコンテナイメージのレジストリパスを入力します。アドレスには 'http://' または https:// を入力しないでください

    8. 認証が必要なレジストリを使用する場合は、シークレットを入力します。

    9. 管理者の名を入力します。

    10. リソースの拡張を構成する。

    11. デフォルトのストレージクラスは保持します。

    12. CRD 処理の環境設定を定義します。

  3. 「 Create 」を選択します。

次の手順

Astra Control Center が正しくインストールされたことを確認し、を完了します "残りのステップ" ログインしてください。さらに、の導入も完了します "セットアップのタスク"