日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Volumes ONTAP データの Google Cloud Storage へのバックアップ

Cloud Volumes ONTAP から Google Cloud Storage へのデータのバックアップを開始するには、いくつかの手順を実行します。

クイックスタート

これらの手順を実行してすぐに作業を開始するか、残りのセクションまでスクロールして詳細を確認してください。

<span class="image"><img src="https://raw.githubusercontent.com/NetAppDocs/common/main/media/number-1.png" Alt="one "></span> 設定のサポートを確認します
  • GCP で Cloud Volumes ONTAP 9.7P5 以降を実行しています。

  • バックアップを保存するストレージスペースの有効な GCP サブスクリプションがあります。

  • Google Cloud Project に、事前定義された Storage Admin ロールを持つサービスアカウントがあります。

  • に登録しておきます "Cloud Manager Marketplace のバックアップソリューション"またはを購入したことが必要です "アクティブ化されます" NetApp の Cloud Backup BYOL ライセンス。

<span class="image"><img src="https://raw.githubusercontent.com/NetAppDocs/common/main/media/number-2.png" Alt="2"></span> 新規または既存のシステムで Cloud Backup を有効にします
  • 新しいシステム: Cloud Backup は、新しい作業環境ウィザードを完了すると有効にできます。

  • 既存のシステム:作業環境を選択し、右パネルのバックアップと復元サービスの横にある * 有効化 * をクリックして、セットアップウィザードに従います。

    作業環境を選択したあとに使用できる Cloud Backup Enable ボタンを示すスクリーンショット。

バックアップ用に Google Cloud Storage バケットを作成する Google Cloud Project を選択します。

GCP にインストールされた Cloud Volumes ONTAP システムから Google Cloud Storage バケットにボリュームをバックアップする際のクラウドプロバイダの詳細を示すスクリーンショット。

デフォルトポリシーでは、毎日ボリュームがバックアップされ、各ボリュームの最新の 30 個のバックアップコピーが保持されます。毎時、毎日、毎週、または毎月のバックアップに変更するか、システム定義のポリシーの中からオプションを追加する 1 つを選択します。保持するバックアップコピーの数を変更することもできます。

クラウドバックアップの設定を示すスクリーンショット。機能を有効または無効にして、バックアップの保持期間を選択できます。

Select Volumes (ボリュームの選択)ページで、デフォルトのバックアップポリシーを使用してバックアップするボリュームを特定します。特定のボリュームに異なるバックアップポリシーを割り当てる場合は、あとから追加のポリシーを作成してボリュームに適用できます。

要件

Google Cloud ストレージへのボリュームのバックアップを開始する前に、次の要件を参照して、サポートされる構成になっていることを確認してください。

次の図は、各コンポーネントとその間の準備に必要な接続を示しています。

Cloud Backup が、ソースシステム上のボリュームおよびバックアップファイルが配置されているデスティネーションストレージと通信する仕組みを示す図。

サポートされている ONTAP のバージョン

Cloud Volumes ONTAP 9.7P5 以降

サポートされる GCP リージョン

Cloud Backup はすべての GCP リージョンでサポートされます "Cloud Volumes ONTAP がサポートされている場合"

ライセンス要件

クラウドバックアップは従量課金制のライセンスで、を使用したサブスクリプション "GCP Marketplace" は、 Cloud Backup を有効にする前に必要です。Cloud Backup の請求は、このサブスクリプションを通じて行われます。 "作業環境ウィザードの詳細 & 資格情報ページから購読できます"

Cloud Backup BYOL ライセンスを使用するには、ライセンスの期間と容量にサービスを使用できるように、ネットアップから提供されたシリアル番号が必要です。 "BYOL ライセンスの管理方法について説明します"

また、バックアップを保存するストレージスペースの Google サブスクリプションが必要です。

GCP サービスアカウント

事前定義された Storage Admin ロールを持つサービスアカウントが Google Cloud Project に必要です。 "サービスアカウントの作成方法について説明します"

コネクタの権限を確認または追加します

Cloud Backupの検索とリストア機能を使用するには、Connectorの役割に特定の権限を付与して、Google Cloud BigQueryサービスにアクセスできるようにする必要があります。以下の権限を確認し、ポリシーを変更する必要がある場合は手順に従います。

手順
  1. インチ "Cloud Console の略"をクリックし、 * Roles * ページに移動します。

  2. ページ上部のドロップダウンリストを使用して、編集するロールを含むプロジェクトまたは組織を選択します。

  3. カスタムロールをクリックします。

  4. 役割の権限を更新するには、 * 役割の編集 * をクリックします。

  5. [ 権限の追加 *] をクリックして、次の新しい権限を役割に追加します。

    bigquery.jobs.get
    bigquery.jobs.list
    bigquery.jobs.listAll
    bigquery.datasets.create
    bigquery.datasets.get
    bigquery.jobs.create
    bigquery.tables.get
    bigquery.tables.getData
    bigquery.tables.list
    bigquery.tables.create
  6. [ 更新( Update ) ] をクリックして、編集したロールを保存する。

新しいシステムでの Cloud Backup の有効化

Cloud Backup は、作業環境ウィザードで Cloud Volumes ONTAP システムを新規に作成したときに有効にすることができます。

サービスアカウントがすでに設定されている必要があります。Cloud Volumes ONTAP システムの作成時にサービスアカウントを選択しなかった場合は、システムをオフにして、 GCP コンソールから Cloud Volumes ONTAP にサービスアカウントを追加する必要があります。

を参照してください "GCP での Cloud Volumes ONTAP の起動" を Cloud Volumes ONTAP 参照してください。

手順
  1. [ 作業環境 ] ページで、 [ * 作業環境の追加 * ] をクリックし、画面の指示に従います。

  2. * 場所を選択 * :「 * Google Cloud Platform * 」を選択します。

  3. * タイプを選択 * :「 * Cloud Volumes ONTAP * 」(シングルノードまたはハイアベイラビリティ)を選択します。

  4. * 詳細と認証情報 * :次の情報を入力します。

    1. 使用するプロジェクトがデフォルトのプロジェクト( Cloud Manager が配置されているプロジェクト)と異なる場合は、 * Edit Project * をクリックして新しいプロジェクトを選択します。

    2. クラスタ名を指定します。

    3. サービスアカウント * スイッチを有効にし、事前定義されたストレージ管理者ロールを持つサービスアカウントを選択します。これは、バックアップと階層化を有効にするために必要です。

    4. クレデンシャルを指定します。

      GCP Marketplace のサブスクリプションが登録されていることを確認します。

    作業環境ウィザードでサービスアカウントを有効にする方法を示すスクリーンショット。

  5. * サービス : Cloud Backup Service は有効のままにして、 [ 続行 ] をクリックします。

    に、作業環境ウィザードの Cloud Backup オプションを示します。

  6. ウィザードの各ページを設定し、システムを導入します を参照してください "GCP での Cloud Volumes ONTAP の起動"

Cloud Backup はシステム上で有効になり、毎日作成したボリュームをバックアップし、最新の 30 個のバックアップコピーを保持します。

可能です "ボリュームのバックアップを開始および停止したり、バックアップを変更したりできます スケジュール"。また可能です "バックアップファイルからボリューム全体をリストアする" Google の Cloud Volumes ONTAP システムやオンプレミスの ONTAP システムに接続できます。

既存のシステムでの Cloud Backup の有効化

Cloud Backup は、作業環境からいつでも直接有効にすることができます。

手順
  1. 作業環境を選択し、右パネルの [ バックアップと復元 ] サービスの横にある [*Enable] をクリックします。

    作業環境を選択したあとに使用できるクラウドバックアップ設定ボタンを示すスクリーンショット。

  2. Google Cloud Storage バケットをバックアップ用に作成する Google Cloud Project とリージョンを選択し、 * Next * をクリックします。

    GCP にインストールされた Cloud Volumes ONTAP システムから Google Cloud Storage バケットにボリュームをバックアップする際のクラウドプロバイダの詳細を示すスクリーンショット。

    プロジェクトには、事前定義された Storage Admin ロールを持つサービスアカウントが必要です。

  3. [Define Policy] ページで、デフォルトのバックアップスケジュールと保持の値を選択し、 [* Next] をクリックします。

    クラウドバックアップの設定を示すスクリーンショット。機能を有効または無効にして、バックアップの保持期間を選択できます。

    を参照してください "既存のポリシーのリスト"

  4. Select Volumes (ボリュームの選択)ページで、デフォルトのバックアップポリシーを使用してバックアップするボリュームを選択します。特定のボリュームに異なるバックアップポリシーを割り当てる場合は、追加のポリシーを作成し、それらのボリュームにあとから適用できます。

    バックアップするボリュームを選択するスクリーンショット。

    • すべてのボリュームをバックアップするには、タイトル行()。

    • 個々のボリュームをバックアップするには、各ボリュームのボックス()。

  5. 今後追加されるすべてのボリュームでバックアップを有効にする場合は、「今後のボリュームを自動的にバックアップ …​ 」チェックボックスをオンのままにします。この設定を無効にした場合は、以降のボリュームのバックアップを手動で有効にする必要があります。

  6. Activate Backup * をクリックすると、選択した各ボリュームの初期バックアップの実行が開始されます。

Cloud Backup が起動し、選択した各ボリュームの初期バックアップの作成が開始されます。 Volume Backup Dashboard が表示され、バックアップの状態を監視できます。