日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラスタレベルのバックアップ設定の管理

寄稿者

ONTAP システムごとにクラウドバックアップをアクティブ化するときに設定したクラスタレベルのバックアップ設定の多くを変更することができます。「デフォルト」バックアップ設定として適用される一部の設定を変更することもできます。これには、ストレージキーの変更、オブジェクトストレージへのバックアップ転送率、履歴Snapshotコピーをバックアップファイルとしてエクスポートするかどうかなどが含まれます。

クラスタレベルのバックアップ設定は、_Advanced Settings_ページにあります。

変更可能なバックアップ設定の完全なセットは、次のとおりです。

  • ONTAP システムにオブジェクトストレージへのアクセス権を付与するストレージキーを変更する

  • オブジェクトストレージに接続されているONTAP IPspaceを変更する

  • バックアップをオブジェクトストレージにアップロードするために割り当てられるネットワーク帯域幅を変更する

  • アーカイブストレージクラスの変更(AWSのみ)

  • 以降のボリュームの自動バックアップ設定(およびポリシー)を変更する

  • 将来のボリュームの最初のベースラインバックアップファイルに履歴Snapshotコピーが含まれているかどうかを変更します

  • 「年次」スナップショットをソースシステムから削除するかどうかを変更します

クラスタレベルのバックアップの設定を表示します

それぞれの作業環境について、クラスタレベルのバックアップ設定を確認することができます。

手順
  1. BlueXPメニューから、*Protection > Backup and recovery*を選択します。

  2. [* Volumes (ボリューム) ] タブで、 [* Backup Settings (バックアップ設定) ] を選択します。

    "すべての作業環境でバックアップがどのように設定されているかを確認できるように、[バックアップ設定ボタンを示すスクリーンショット。"]

  3. _ バックアップ設定ページ _ で、をクリックします "[ 詳細 アイコン"] 作業環境では、*詳細設定*を選択します。

    バックアップ設定ページの詳細設定ボタンを示すスクリーンショット。

    詳細設定ページには’その作業環境の現在の設定が表示されます

    特定の作業環境のバックアップの詳細設定の値を示すスクリーンショット。

変更が必要な場合は、オプションを展開して変更します。変更後のバックアップ処理では、すべて新しい値が使用されます。

一部のオプションは、ソースクラスタのONTAP のバージョン、およびバックアップの配置先クラウドプロバイダに基づいて使用できません。

ONTAP からクラウドストレージにアクセスするためのストレージキーを変更します

すべてのクレデンシャルのローテーションを定期的に実行する必要がある会社のポリシーがある場合、たとえば6カ月ごとや1年ごとに、クラウドプロバイダのアクセスキーとシークレットキーをONTAP システムと同期する方法を指定します。これにより、クラウドプロバイダのクレデンシャルを更新し、2つのシステム間の通信を継続するようにONTAP システムのキーを変更できます。

このオプションは、オンプレミスのONTAP システムでのみ使用でき、Amazon S3、Google Cloud Storage、およびStorageGRID にバックアップを保存する場合にのみ使用できます。

Advanced Settingsページのストレージキーエントリのスクリーンショット。

新しいアクセスキーとシークレットキーを入力し、*適用*をクリックします。

オブジェクトストレージに接続されているONTAP IPspaceを変更します

オブジェクトストレージに接続されているONTAP IPspaceを変更できます。このオプションは、オンプレミスのONTAP システムからのみデータをバックアップする場合に使用できます。Cloud Volumes ONTAP システムでは使用できません。

このオプションは、ボリュームデータをオブジェクトストレージにアクティブにバックアップするシステムでは使用しないでください。このオプションは、オンプレミスのONTAP システムでバックアップを最初にアクティブ化するときに誤ったIPspaceが選択された場合にのみ使用してください。

ONTAP のセットアップが新しいIPspaceに対して正しく行われていることを確認するには、オンプレミスのONTAP システムから特定のクラウドプロバイダにデータをバックアップするためのスタートアップガイドを参照してください。例:

  • クラスタ間 LIF は、バックアップ対象のボリュームをホストする各 ONTAP ノードに必要です。

  • ONTAP がオブジェクトストレージへの接続に使用するIPspaceにLIFを関連付ける必要があります。

  • ノードのクラスタ間LIFがオブジェクトストアにアクセスできる必要があります。

  • 使用しているIPspaceが_DEFAULT_と異なる場合は、オブジェクトストレージへのアクセスを取得するために静的ルートの作成が必要になることがあります。

Advanced SettingsページのIPspaceエントリのスクリーンショット。

新しいIPspaceを選択し、*適用*をクリックします。バックアップするボリュームをそのIPspaceのアグリゲートから選択できます。

バックアップをオブジェクトストレージにアップロードするためのネットワーク帯域幅を変更する

作業環境に対してCloud Backupをアクティブ化すると、デフォルトでは、ONTAP は、作業環境内のボリュームからオブジェクトストレージにバックアップデータを転送するために、無制限の帯域幅を使用できます。バックアップトラフィックが通常のユーザワークロードに影響していることに気付いた場合は、転送時に使用するネットワーク帯域幅の量を調整できます。最大転送速度として、1~1、000Mbpsの値を選択できます。

Advanced SettingsページのMaximum Transfer Rateエントリのスクリーンショット。

[Limited]ラジオボタンを選択して使用できる最大帯域幅を入力するか、[*Unlimited *]を選択して制限がないことを示します。

アーカイブストレージクラスを変更します

バックアップファイルが一定期間(通常は30日以上)保存されているときに使用されるアーカイブストレージクラスを変更する場合は、ここで変更を行うことができます。アーカイブストレージを使用しているバックアップポリシーは、この新しいストレージクラスを使用するようにすぐに変更されます。

このオプションは、Amazon S3にバックアップファイルを書き込む場合に、オンプレミスのONTAP システムおよびCloud Volumes ONTAP システムで使用できます(ONTAP 9.10.1以降を使用)。

変更できるのは、S3 Glacierから_S3 Glacier Deep Archive.までだけです。Glacier Deep Archiveを選択した場合は、Glacierに戻すことはできません。

Advanced SettingsページのArchival Storage Classエントリのスクリーンショット。

以降のボリュームの自動バックアップ設定を変更します

Cloud Backupをアクティブ化したときに以降のボリュームの自動バックアップを有効にしていない場合は、Automatic Backupセクションで新しいボリュームの自動バックアップを開始できます。また、作成した新しいボリュームに適用するバックアップポリシーを選択することもできます。新しく作成したボリュームにバックアップポリシーを割り当てると、すべてのデータを確実に保護できます。

Cloud Backupをアクティブ化したときに以降のボリュームの自動バックアップを有効にした場合は、自動バックアップセクションで、新しく作成したボリュームに使用するバックアップポリシーを変更できます。

新しいボリュームに適用するポリシーがすでに存在している必要があります。 "作業環境用の新しいバックアップポリシーの作成方法を参照してください"

詳細設定ページの自動バックアップエントリのスクリーンショット。

有効にすると、このバックアップポリシーは、BlueXP、System Manager、ONTAP CLI、またはAPIを使用して、この作業環境で作成された新しいボリュームに適用されます。

履歴Snapshotコピーをバックアップファイルとしてエクスポートするかどうかを変更します

この作業環境で使用しているバックアップスケジュールラベル(日次、週次など)に一致するボリュームのローカルSnapshotコピーがある場合は、それらの履歴Snapshotをバックアップファイルとしてオブジェクトストレージにエクスポートできます。これにより、古いSnapshotコピーをベースラインバックアップコピーに移動することで、クラウドでバックアップを初期化できます。

このオプションは、新しい読み取り/書き込みボリューム用の環境 の新しいバックアップファイルだけで、データ保護(DP)ボリュームではサポートされていません。

詳細設定ページの既存のSnapshotコピーのエクスポートエントリのスクリーンショット。

既存のSnapshotコピーをエクスポートするかどうかを選択し、*適用*をクリックします。

ソースシステムから「年次」スナップショットを削除するかどうかを変更します

いずれかのボリュームのバックアップポリシーに対して「年次」バックアップラベルを選択すると、作成されるSnapshotコピーは非常に大きくなります。デフォルトでは、これらの毎年のSnapshotがオブジェクトストレージに転送されたあとにソースシステムから自動的に削除されます。このデフォルト動作は、「年単位のSnapshotの削除」セクションから変更できます。

Advanced SettingsページのIPspaceエントリのスクリーンショット。

ソースシステムで毎年のスナップショットを保持する場合は、[Disabled]を選択し、[*Apply]をクリックします。