Skip to main content
すべてのクラウドプロバイダ
  • Amazon Web Services の
  • Google Cloud
  • Microsoft Azure
  • すべてのクラウドプロバイダ
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Volumes ONTAP データを Amazon S3 にバックアップします

共同作成者

Cloud Volumes ONTAP システムからAmazon S3へのボリュームデータのバックアップを開始するには、いくつかの手順を実行します。

クイックスタート

これらの手順を実行してすぐに作業を開始するか、残りのセクションまでスクロールして詳細を確認してください。

1つ 構成がサポートされていることを確認します
  • AWSでCloud Volumes ONTAP 9.8以降を実行している(ONTAP 9.8P13以降を推奨)。

  • バックアップを格納するストレージスペースに対する有効なクラウドプロバイダのサブスクリプションが必要です。

  • に登録しておきます "BlueXP Marketplaceバックアップ製品""AWS 年間契約"またはを購入したことが必要です "アクティブ化されます" ネットアップが提供するBlueXPバックアップ/リカバリのBYOLライセンス

  • AWSにコネクタがインストールされている必要があります。

    • コネクタは、完全なインターネットアクセス(「標準モード」)または制限されたインターネット接続(「制限モード」)を備えたサイトにインストールできます。

    • BlueXP Connectorに権限を付与するIAMロールには、最新のからのS3権限が含まれています "BlueXPポリシー"

2 つ BlueXPコネクタを準備します

AWSリージョンにすでにコネクタがデプロイされている場合は、設定は完了です。そうでない場合は、AWSにBlueXPコネクタをインストールしてCloud Volumes ONTAPデータをAWSにバックアップする必要があります。コネクタは、完全なインターネットアクセス(「標準モード」)または制限されたインターネット接続(「制限モード」)を備えたサイトにインストールできます。

3つ ライセンス要件を確認

AWSとBlueXPの両方のライセンス要件を確認する必要があります。

4. ボリュームをレプリケートするためのONTAPネットワークの要件を確認します

プライマリストレージシステムとセカンダリストレージシステムがONTAPのバージョンとネットワークの要件を満たしていることを確認します。

5 つ BlueXPのバックアップとリカバリを有効にする

作業環境を選択し、右パネルのバックアップ/リカバリサービスの横にある*有効化>バックアップボリューム*をクリックします。

6 ONTAPボリュームでバックアップをアクティブ化します

セットアップウィザードに従って、使用するレプリケーションポリシーとバックアップポリシー、およびバックアップするボリュームを選択します。

構成がサポートされていることを確認します

S3 へのボリュームのバックアップを開始する前に、次の要件を読み、サポートされている構成になっていることを確認してください。

次の図は、各コンポーネントとそれらの間の接続を示しています。

必要に応じて、パブリック接続またはプライベート接続を使用して、レプリケートされたボリュームのセカンダリONTAPシステムに接続することもできます。

BlueXPのバックアップおよびリカバリが、ソースシステム上のボリュームおよびバックアップファイルが配置されているデスティネーションストレージとどのように通信するかを示す図。

VPCゲートウェイエンドポイントがすでにVPCに存在している必要があります。 "ゲートウェイエンドポイントの詳細については、こちらをご覧ください"

サポートされるONTAPのバージョン

ONTAP 9.8以上、ONTAP 9.8P13以降が推奨されます。

データ暗号化にお客様が管理するキーを使用するために必要な情報

デフォルトの Amazon S3 暗号化キーを使用する代わりに、アクティブ化ウィザードでお客様が管理するデータ暗号化キーを選択できます。この場合は、暗号化管理キーがすでに設定されている必要があります。 "独自のキーの使用方法を参照してください"

ライセンス要件を確認

BlueXPのバックアップとリカバリのPAYGOライセンスの場合は、AWS MarketplaceでBlueXPサブスクリプションを購入して、Cloud Volumes ONTAP とBlueXPのバックアップとリカバリを導入できます。必要です "このBlueXPサブスクリプションを購読します" BlueXPのバックアップとリカバリを有効にする前に、BlueXPのバックアップとリカバリの課金は、このサブスクリプションを通じて行われます。

Cloud Volumes ONTAP データとオンプレミスの ONTAP データの両方をバックアップできる年間契約の場合は、から登録する必要があります "AWS Marketplace のページ" 次に "サブスクリプションを AWS クレデンシャルに関連付けます"

Cloud Volumes ONTAP とBlueXPのバックアップとリカバリをバンドルできる年間契約の場合は、Cloud Volumes ONTAP 作業環境の作成時に年間契約を設定する必要があります。このオプションでは、オンプレミスのデータをバックアップすることはできません。

BlueXPのバックアップとリカバリのBYOLライセンスの場合は、ライセンスの期間と容量にわたってサービスを使用できるネットアップのシリアル番号が必要です。 "BYOL ライセンスの管理方法について説明します"。コネクタとCloud Volumes ONTAP システムをダークサイトに導入する場合は、BYOLライセンスを使用する必要があります。

また、バックアップを格納するストレージスペース用の AWS アカウントが必要です。

BlueXPコネクタを準備します

コネクタは、インターネットアクセスがフルまたは制限されているAWSリージョン(「標準」または「制限」モード)にインストールする必要があります。 "詳細については、BlueXPの導入モードを参照してください"

コネクタの権限を確認または追加します

BlueXPに権限を付与するIAMロールには、最新ののS3権限が含まれている必要があります "BlueXPポリシー"。ポリシーにこれらの権限がすべて含まれていない場合は、を参照してください "AWS のドキュメント:「 Editing IAM policies"

ポリシーの具体的な権限を次に示します。

Details
{
            "Sid": "backupPolicy",
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "s3:DeleteBucket",
                "s3:GetLifecycleConfiguration",
                "s3:PutLifecycleConfiguration",
                "s3:PutBucketTagging",
                "s3:ListBucketVersions",
                "s3:GetObject",
                "s3:DeleteObject",
                "s3:PutObject",
                "s3:ListBucket",
                "s3:ListAllMyBuckets",
                "s3:GetBucketTagging",
                "s3:GetBucketLocation",
                "s3:GetBucketPolicyStatus",
                "s3:GetBucketPublicAccessBlock",
                "s3:GetBucketAcl",
                "s3:GetBucketPolicy",
                "s3:PutBucketPolicy",
                "s3:PutBucketOwnershipControls"
                "s3:PutBucketPublicAccessBlock",
                "s3:PutEncryptionConfiguration",
                "s3:GetObjectVersionTagging",
                "s3:GetBucketObjectLockConfiguration",
                "s3:GetObjectVersionAcl",
                "s3:PutObjectTagging",
                "s3:DeleteObjectTagging",
                "s3:GetObjectRetention",
                "s3:DeleteObjectVersionTagging",
                "s3:PutBucketObjectLockConfiguration",
                "s3:DeleteObjectVersion",
                "s3:GetObjectTagging",
                "s3:PutBucketVersioning",
                "s3:PutObjectVersionTagging",
                "s3:GetBucketVersioning",
                "s3:BypassGovernanceRetention",
                "s3:PutObjectRetention",
                "s3:GetObjectVersion",
                "athena:StartQueryExecution",
                "athena:GetQueryResults",
                "athena:GetQueryExecution",
                "glue:GetDatabase",
                "glue:GetTable",
                "glue:CreateTable",
                "glue:CreateDatabase",
                "glue:GetPartitions",
                "glue:BatchCreatePartition",
                "glue:BatchDeletePartition"
            ],
            "Resource": [
                "arn:aws:s3:::netapp-backup-*"
            ]
        },
メモ AWS Chinaリージョンでバックアップを作成する場合は、IAMポリシーのall_Resource_sectionsの下にあるAWSリソース名「arn」を「aws」から「aws-cn」に変更する必要があります arn:aws-cn:s3:::netapp-backup-*
必要なAWS Cloud Volumes ONTAP 権限

Cloud Volumes ONTAP システムでONTAP 9.12.1以降のソフトウェアを実行している場合は、作業環境に権限を付与するIAMロールに、BlueXPの最新のバックアップとリカバリに特化した新しいS3権限のセットを含める必要があります "Cloud Volumes ONTAP ポリシー"

BlueXPバージョン3.9.23以降を使用してCloud Volumes ONTAP 作業環境を作成した場合、これらの権限はすでにIAMロールに含まれている必要があります。そうでない場合は、不足している権限を追加する必要があります。

サポートされている AWS リージョン

BlueXPのバックアップとリカバリは、すべてのAWSリージョンでサポートされます "Cloud Volumes ONTAP がサポートされている場合"(AWS GovCloudリージョンを含む)。

別の AWS アカウントでバックアップを作成する場合の必須のセットアップです

デフォルトでは、 Cloud Volumes ONTAP システムに使用されるアカウントと同じアカウントを使用してバックアップが作成されます。バックアップに別のAWSアカウントを使用する場合は、次の作業を行う必要があります。

  • 権限「s3:PutBucketPolicy」と「s3:PutOwnershipControls」が、BlueXPコネクタに権限を付与するIAMロールに含まれていることを確認します。

  • デスティネーションAWSアカウントのクレデンシャルをBlueXPに追加します。 "詳細については、「方法」を参照してください"

  • 2番目のアカウントのユーザクレデンシャルに次の権限を追加します。

    "athena:StartQueryExecution",
    "athena:GetQueryResults",
    "athena:GetQueryExecution",
    "glue:GetDatabase",
    "glue:GetTable",
    "glue:CreateTable",
    "glue:CreateDatabase",
    "glue:GetPartitions",
    "glue:BatchCreatePartition",
    "glue:BatchDeletePartition"
独自のバケットを作成します

デフォルトでは、サービスによってバケットが作成されます。独自のバケットを使用する場合は、バックアップアクティブ化ウィザードを開始する前にバケットを作成し、ウィザードでバケットを選択できます。

ボリュームをレプリケートするためのONTAPネットワークの要件を確認します

BlueXPのバックアップとリカバリを使用してセカンダリONTAPシステムにレプリケートされたボリュームを作成する場合は、ソースシステムとデスティネーションシステムが次のネットワーク要件を満たしていることを確認してください。

オンプレミスのONTAPネットワークの要件

  • クラスタが社内にある場合は、社内ネットワークからクラウドプロバイダ内の仮想ネットワークへの接続が必要です。これは通常、 VPN 接続です。

  • ONTAP クラスタは、サブネット、ポート、ファイアウォール、およびクラスタの追加要件を満たしている必要があります。

    Cloud Volumes ONTAPまたはオンプレミスのシステムにレプリケートできるため、オンプレミスのONTAPシステムのピアリング要件を確認してください。 "クラスタピアリングの前提条件については、 ONTAP のドキュメントを参照してください"

Cloud Volumes ONTAPネットワークの要件

  • インスタンスのセキュリティグループに、必要なインバウンドおよびアウトバウンドのルールが含まれている必要があります。具体的には、 ICMP とポート 11104 および 11105 のルールが必要です。これらのルールは、事前定義されたセキュリティグループに含まれています。

  • 異なるサブネットにある 2 つの Cloud Volumes ONTAP システム間でデータをレプリケートするには、サブネットを一緒にルーティングする必要があります(これがデフォルト設定です)。

Cloud Volumes ONTAPでBlueXPのバックアップとリカバリを有効にする

BlueXPのバックアップとリカバリは簡単に有効にできます。手順は、既存のCloud Volumes ONTAPシステムと新規のシステムのどちらを使用しているかによって多少異なります。

新しいシステムでBlueXPのバックアップとリカバリを有効にする

作業環境ウィザードでは、BlueXPのバックアップとリカバリがデフォルトで有効になります。このオプションは必ず有効にしておいてください。

を参照してください "AWS での Cloud Volumes ONTAP の起動" を Cloud Volumes ONTAP 参照してください。

手順
  1. BlueXPのキャンバスで*を選択し、クラウドプロバイダを選択して[Add New]*を選択します。Cloud Volumes ONTAPの作成*を選択します。

  2. クラウドプロバイダとして* Amazon Web Services *を選択し、単一のノードまたはHAシステムを選択します。

  3. [ 詳細と資格情報 ] ページに入力します。

  4. [サービス]ページで、サービスを有効のままにして*[続行]*を選択します。

    は、作業環境ウィザードのBlueXPのバックアップとリカバリオプションを示しています。

  5. ウィザードの各ページを設定し、システムを導入します。

結果

システムでBlueXPのバックアップとリカバリが有効になっている。これらのCloud Volumes ONTAPシステムでボリュームを作成したら、BlueXPのバックアップとリカバリとを起動します "保護する各ボリュームでバックアップをアクティブ化します"

既存のシステムでBlueXPのバックアップとリカバリを有効にする

既存のシステムでBlueXPのバックアップとリカバリをいつでも作業環境から直接有効にできます。

手順
  1. BlueXPのキャンバスで、作業環境を選択し、右側のパネルでバックアップとリカバリサービスの横にある*[有効化]*を選択します。

    バックアップのAmazon S3デスティネーションがCanvas上の作業環境として存在する場合は、クラスタをAmazon S3作業環境にドラッグしてセットアップウィザードを開始できます。

    "作業環境を選択した後に使用できる[バックアップとリカバリの有効化ボタンを示すスクリーンショット。"]

ヒント バックアップ設定の変更またはレプリケーションの追加については、を参照してください "ONTAP バックアップを管理します"

ONTAPボリュームでバックアップをアクティブ化します

オンプレミスの作業環境からいつでも直接バックアップをアクティブ化できます。

ウィザードでは、次の主な手順を実行します。

また可能です APIコマンドを表示します レビューステップでは、コードをコピーして、将来の作業環境のバックアップアクティベーションを自動化できます。

ウィザードを開始します

手順
  1. 次のいずれかの方法でバックアップとリカバリのアクティブ化ウィザードにアクセスします。

    • BlueXPキャンバスで、作業環境を選択し、右パネルのバックアップとリカバリサービスの横にある*[有効化]>[ボリュームのバックアップ]*を選択します。

      "作業環境を選択すると表示される[Backup and recovery Enableボタンのスクリーンショット。"]

      バックアップのAWSデスティネーションがCanvasの作業環境として存在する場合は、ONTAPクラスタをAWSオブジェクトストレージにドラッグできます。

    • [バックアップとリカバリ]バーで*を選択します。[ボリューム]タブで、[操作]* アクションアイコン 単一のボリューム(オブジェクトストレージへのレプリケーションまたはバックアップがまだ有効になっていないボリューム)に対して*[バックアップのアクティブ化]*を選択します。

    ウィザードの[Introduction]ページには、ローカルSnapshot、レプリケーション、バックアップなどの保護オプションが表示されます。この手順で2番目のオプションを選択した場合は、1つのボリュームが選択された状態で[Define Backup Strategy]ページが表示されます。

  2. 次のオプションに進みます。

    • BlueXPコネクタをすでにお持ちの場合は、これで準備は完了です。[次へ]*を選択します。

    • BlueXPコネクタをまだお持ちでない場合は、*[Add a Connector]*オプションが表示されます。を参照してください BlueXPコネクタを準備します

バックアップするボリュームを選択します

保護するボリュームを選択します。保護されたボリュームとは、Snapshotポリシー、レプリケーションポリシー、オブジェクトへのバックアップポリシーのうち1つ以上を含むボリュームです。

FlexVolボリュームとFlexGroupボリュームのどちらを保護するかを選択できますが、作業環境でバックアップをアクティブ化するときは、これらのボリュームを組み合わせて選択することはできません。方法を参照してください "作業環境内の追加ボリュームのバックアップをアクティブ化" (FlexVolまたはFlexGroup)初期ボリュームのバックアップの設定が完了したら、

メモ
  • バックアップをアクティブ化できるのは、一度に1つのFlexGroupボリュームだけです。

  • 選択するボリュームのSnapLock設定は同じである必要があります。すべてのボリュームでSnapLock Enterpriseが有効になっているかSnapLockが無効になっている必要があります。(SnapLock Complianceモードのボリュームには、ONTAP 9.14以降が必要です)。

手順

選択したボリュームにSnapshotポリシーまたはレプリケーションポリシーがすでに適用されている場合は、あとで選択したポリシーで既存のポリシーが上書きされます。

  1. [Select Volumes]ページで、保護するボリュームを選択します。

    • 必要に応じて、行をフィルタして、特定のボリュームタイプや形式などのボリュームのみを表示し、選択を容易にします。

    • 最初のボリュームを選択したら、すべてのFlexVolボリュームを選択できます(FlexGroupボリュームは一度に1つだけ選択できます)。既存のFlexVolボリュームをすべてバックアップするには、最初に1つのボリュームをオンにしてから、タイトル行のボックスをオンにします。()。

    • 個々のボリュームをバックアップするには、各ボリュームのボックス()。

  2. 「 * 次へ * 」を選択します。

バックアップ戦略を定義します

バックアップ戦略を定義するには、次のオプションを設定します。

  • 1つまたはすべてのバックアップオプション(ローカルSnapshot、レプリケーション、オブジェクトストレージへのバックアップ)が必要かどうか

  • アーキテクチャ

  • ローカルSnapshotポリシー

  • レプリケーションのターゲットとポリシー

    メモ 選択したボリュームのSnapshotポリシーとレプリケーションポリシーがこの手順で選択したポリシーと異なる場合は、既存のポリシーが上書きされます。
  • オブジェクトストレージ情報(プロバイダ、暗号化、ネットワーク、バックアップポリシー、エクスポートオプション)へのバックアップ。

手順
  1. [Define backup strategy]ページで、次のいずれかまたはすべてを選択します。デフォルトでは、3つすべてが選択されています。

    • *ローカルSnapshot *:レプリケーションまたはオブジェクトストレージへのバックアップを実行する場合は、ローカルSnapshotを作成する必要があります。

    • レプリケーション:別のONTAPストレージシステムにレプリケートされたボリュームを作成します。

    • バックアップ:ボリュームをオブジェクトストレージにバックアップします。

  2. アーキテクチャ:レプリケーションとバックアップを選択した場合は'次のいずれかの情報フローを選択します

    • カスケード:情報は、プライマリストレージシステムからセカンダリストレージ、およびセカンダリストレージからオブジェクトストレージに流れます。

    • ファンアウト:プライマリストレージシステムからセカンダリ_および_に、プライマリストレージからオブジェクトストレージに情報が流れます。

      これらのアーキテクチャの詳細については、を参照してください "保護対策を計画しましょう"

  3. *ローカルSnapshot *:既存のSnapshotポリシーを選択するか、新しいSnapshotポリシーを作成します。

    ヒント Snapshotをアクティブ化する前にカスタムポリシーを作成するには、を参照してください。 "ポリシーを作成する"

    ポリシーを作成するには、*[新しいポリシーの作成]*を選択し、次の手順を実行します。

    • ポリシーの名前を入力します。

    • 最大5つのスケジュール(通常は異なる周波数)を選択します。

    • 「 * Create * 」を選択します。

  4. レプリケーション:次のオプションを設定します。

    • レプリケーションターゲット:デスティネーションの作業環境とSVMを選択します。必要に応じて、レプリケートするボリュームの名前に追加するデスティネーションアグリゲートとプレフィックスまたはサフィックスを選択します。

    • レプリケーションポリシー:既存のレプリケーションポリシーを選択するか作成します。

      ヒント カスタムポリシーを作成するには、を参照してください。 "ポリシーを作成する"

      ポリシーを作成するには、*[新しいポリシーの作成]*を選択し、次の手順を実行します。

      • ポリシーの名前を入力します。

      • 最大5つのスケジュール(通常は異なる周波数)を選択します。

      • 「 * Create * 」を選択します。

  5. オブジェクトにバックアップ:*バックアップ*を選択した場合は、次のオプションを設定します。

    • プロバイダ:[Amazon Web Services]*を選択します。

    • プロバイダ設定:バックアップを保存するプロバイダの詳細と地域を入力します。

      バックアップの保存に使用するAWSアカウントを入力します。これは、 Cloud Volumes ONTAP システムが配置されているアカウントとは異なる場合があります。

      バックアップに別のAWSアカウントを使用する場合は、デスティネーションのAWSアカウントのクレデンシャルをBlueXPに追加し、「s3:PutBucketPolicy」および「s3:PutOwnerBucketshipControls」権限をBlueXPに付与するIAMロールに追加する必要があります。

      バックアップを保存するリージョンを選択します。これは、 Cloud Volumes ONTAP システムが配置されているリージョンとは異なるリージョンにすることもできます。

      新しいバケットを作成するか、既存のバケットを選択します。

    • 暗号化キー:新しいバケットを作成した場合は、プロバイダから提供された暗号化キー情報を入力します。データの暗号化を管理するために、デフォルトのAWS暗号化キーを使用するか、AWSアカウントからお客様が管理する独自のキーを選択するかを選択します。 ("独自の暗号化キーの使用方法を参照してください")。

      独自の顧客管理キーを使用する場合は、キーボールトとキー情報を入力します。

      メモ 既存のバケットを選択した場合、暗号化情報はすでに使用可能なため、ここで入力する必要はありません。
    • バックアップポリシー:オブジェクトストレージへの既存のバックアップポリシーを選択するか作成します。

      ヒント バックアップをアクティブ化する前にカスタムポリシーを作成するには、を参照してください。 "ポリシーを作成する"

      ポリシーを作成するには、*[新しいポリシーの作成]*を選択し、次の手順を実行します。

      • ポリシーの名前を入力します。

      • 最大5つのスケジュール(通常は異なる周波数)を選択します。

      • 「 * Create * 」を選択します。

    • 既存のSnapshotコピーをバックアップコピーとしてオブジェクトストレージにエクスポート:この作業環境に、この作業環境に対して選択したバックアップスケジュールラベル(daily、weeklyなど)と一致するボリュームのローカルSnapshotコピーがある場合は、この追加のプロンプトが表示されます。ボリュームを最大限に保護するために、履歴Snapshotをすべてオブジェクトストレージにバックアップファイルとしてコピーする場合は、このチェックボックスをオンにします。

  6. 「 * 次へ * 」を選択します。

選択内容を確認します

これにより、選択内容を確認し、必要に応じて調整を行うことができます。

手順
  1. [Review]ページで、選択内容を確認します。

  2. 必要に応じて、Snapshotポリシーのラベルをレプリケーションポリシーおよびバックアップポリシーのラベルと自動的に同期する*チェックボックスをオンにします。これにより、レプリケーションポリシーとバックアップポリシーのラベルに一致するラベルを持つSnapshotが作成されます。

  3. [バックアップのアクティブ化]*を選択します。

結果

BlueXPのバックアップとリカバリで、ボリュームの初期バックアップが作成されます。レプリケートされたボリュームとバックアップファイルのベースライン転送には、プライマリストレージシステムのデータのフルコピーが含まれます。以降の転送には、Snapshotコピーに含まれるプライマリストレージシステムデータの差分コピーが含まれます。

レプリケートされたボリュームが、プライマリストレージボリュームと同期されるデスティネーションクラスタに作成されます。

入力したS3アクセスキーとシークレットキーで指定されたサービスアカウントにS3バケットが作成され、バックアップファイルがそこに格納されます。

ボリュームバックアップダッシュボードが表示され、バックアップの状態を監視できます。

を使用して、バックアップジョブとリストアジョブのステータスを監視することもできます "[ジョブ監視]パネル"

APIコマンドを表示します

バックアップとリカバリのアクティブ化ウィザードで使用するAPIコマンドを表示し、必要に応じてコピーすることができます。これは、将来の作業環境でバックアップを自動的にアクティブ化する場合に必要になることがあります。

手順
  1. バックアップとリカバリのアクティブ化ウィザードで、*[API要求の表示]*を選択します。

  2. コマンドをクリップボードにコピーするには、*コピー*アイコンを選択します。

次の手順