日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Google Cloud の Connector に必要な権限です

Cloud Manager からクラウドプロバイダの処理を実行するには権限が必要です。これらの権限はに含まれています "ネットアップが提供するポリシー"。このような権限を持つ Cloud Manager の機能を理解しておく必要があるかもしれません。

GCP の Cloud Manager ポリシーには、 Cloud Volumes ONTAP の導入と管理に Cloud Manager が必要とする権限が含まれています。

アクション 目的

-compute.disks .create -computedisks .createsnapshot - compute.disks.delete -computedisks .get-compute.diskList - compute.disks.setLabels - compute.disks.us

Cloud Volumes ONTAP 用のディスクを作成および管理します。

-compute-firewalls .create - compute.firewalls.delete -comput領域 .firewalls .get-comput領域 .firewalls リスト

Cloud Volumes ONTAP のファイアウォールルールを作成します。

-computer.globalOperationsGet

処理のステータスを確認できます。

-compute.image.get-compute.image.getFromFamily-compute.image.list - compute.images.useReadOnly

VM インスタンスのイメージを取得します。

- compute.instances.attachDisk - compute.instances.detachDisk

ディスクを Cloud Volumes ONTAP に接続して接続解除します。

- compute.instances.create - compute.instances.delete

Cloud Volumes ONTAP VM インスタンスを作成および削除します。

- compute.instances.get

VM インスタンスを一覧表示します。

- compute.instances.getSerialPortOutput

をクリックしてコンソールログを取得してください

- compute.instances.list

ゾーン内のインスタンスのリストを取得します。

- compute.instances.setDeletionProtection

インスタンスに削除保護を設定します。

- compute.instances.setLabels

ラベルを追加します。

- compute.instances.setMachineType - compute.instances.setMinCpuPlatform

Cloud Volumes ONTAP のマシンタイプを変更します。

- compute.instances.setMetadata

をクリックしてください。

- compute.instances.setTags

ファイアウォールルールのタグを追加します。

- compute.instances.start - compute.instances.stop - compute.instances.updateDisplayDevice

Cloud Volumes ONTAP を開始および停止します。

-computesCompute .machineTypes.get

コア数を取得して qoutas をチェックしてください。

- compute.projects.get

複数のプロジェクトをサポートするため。

-compute-snapshots-create - compute.snapshots.delete -compute-snapshots-getCompute-snapshots-list - compute.snapshots.setLabels

永続ディスクスナップショットを作成および管理するには、次の手順に従います。

- compute.networks.get - compute.networks.list - comput.regions.Get-comput領域 .list-comput領域 .subnetworks -compute.subnetworks .listCompute.zoneOperations-get-compute.zones .get-compute.zones リスト

新しい Cloud Volumes ONTAP 仮想マシンインスタンスの作成に必要なネットワーク情報を取得するため。

- deploymentmanager.compositeTypes.get - deploymentmanager.compositeTypes.list - deploymentmanager.deployments.create - deploymentmanager.deployments.delete - deploymentmanager.deployments.get - deploymentmanager.deployments.list -deploymentmanager. マニフェスト .get-deploymentmanager. マニフェスト .list-list-deploymentmanager. operations-get-deploymentmanager. operationlist -deploymentmanager. resources.get-deploymentmanager. resources.list-deploymentmanager. typeProviders.get-deploymentmanager. typeProviders.list-deploymentmanager. -deploymentmanager. types] リスト

Google Cloud Deployment Manager を使用して Cloud Volumes ONTAP 仮想マシンインスタンスを導入します。

-logging.logEntries.list-logging.privateLogEntries.list

スタックログドライブを取得する方法

- resourcemanager.projects.get

複数のプロジェクトをサポートするため。

-storagバケット 。 create - storage.buckets.delete -storagバケット .get-storagバケット .list-storagバケット .buckets-update

Google Cloud Storage バケットを作成して管理し、データを階層化します。

- cloudkms.cryptoKeyVersions.useToEncrypt - cloudkms .cryptoKeys.get-cloudkms .cryptoKeys.list-cloudkm.keyringlist.list

Cloud Volumes ONTAP でクラウドキー管理サービスからお客様が管理する暗号化キーを使用するため。

- compute.instances.setServiceAccount - iam.serviceAccounts.actAs - iam.serviceAccounts.getIamPolicy - iam.serviceAccounts.list - storage.objects-get -storage.objectlist

Cloud Volumes ONTAP インスタンスにサービスアカウントを設定します。このサービスアカウントは、 Google Cloud Storage バケットへのデータ階層化の権限を提供します。

-compute.address.listCompute.backendServices. create -compute.networks.updatePolicy -compute.regionBackendServices.create -compute.regionBackendServices.get -compute.regionBackendServices.list

をクリックしてください。

- compute.subnetworks.us e-compute.subnetworks.useExternalIp - compute.instances.addAccessConfig

クラウドデータの意味を有効にするため。

-container-type コンテナクラスタリスト

Google Kubernetes Engine で実行されている Kubernetes クラスタを検出する。

- compute.instanceGroups.get - compute .address.get

HAペアでStorage VMを作成および管理する。