日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Azure で Cloud Volumes ONTAP 9.9.1 がサポートされる構成

寄稿者 netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

Azure では、いくつかの Cloud Volumes ONTAP 構成がサポートされます。

ライセンスでサポートされている構成

Cloud Volumes ONTAP は、フォールトトレランスとノンストップオペレーションを実現するために、 Azure ではシングルノードシステムとして、ハイアベイラビリティ( HA )ペアのノードとして使用できます。

シングルノードシステムの HA ペアへのアップグレードはサポートされていません。シングルノードシステムと HA ペアを切り替える場合は、新しいシステムを導入し、既存のシステムから新しいシステムにデータをレプリケートする必要があります。

シングルノードシステム

Cloud Volumes ONTAP をシングルノードシステムとして Azure に導入する場合は、次の構成から選択できます。

フリーミアム PAYGO Explore PAYGO Standard の略 PAYGO Premium ノードベースのライセンス 容量単位のライセンスです

最大システム容量(ディスク + オブジェクトストレージ)

500 GiB

2TiB ^1

10TiB

368TiB

1 ライセンスあたり 368 TiB

2PB

サポートされる仮想マシンタイプ

  • DS3_v2 の場合

  • DS4_v2

  • DS5_v2 の場合

  • DS13_v2 の場合

  • DS14_v2

  • DS15_v2 の場合

  • E4s_v3

  • E8s_v3

  • E32s_v3^2

  • E48s_v32

  • E64is_v32

  • L8s_v23

  • DS3_v2 の場合

  • E4s_v3

  • DS4_v2

  • DS13_v2 の場合

  • E8s_v3

  • DS5_v2 の場合

  • DS14_v2

  • DS15_v2 の場合

  • E32s_v3^2

  • E48s_v32

  • E64is_v32

  • DS3_v2 の場合

  • DS4_v2

  • DS5_v2 の場合

  • DS13_v2 の場合

  • DS14_v2

  • DS15_v2 の場合

  • E4s_v3

  • E8s_v3

  • E32s_v3^2

  • E48s_v32

  • E64is_v32

  • L8s_v23

  • DS3_v2 の場合

  • DS4_v2

  • DS5_v2 の場合

  • DS13_v2 の場合

  • DS14_v2

  • DS15_v2 の場合

  • E4s_v3

  • E8s_v3

  • E32s_v3^2

  • E48s_v32

  • E64is_v32

  • L8s_v23

サポートされているディスクタイプ 4

標準 HDD 管理ディスク、標準 SSD 管理ディスク、およびプレミアム SSD 管理ディスク

注:

  1. 従量課金制では、 Azure Blob ストレージへのデータ階層化はサポートされません。

  2. この VM タイプはを使用します "ウルトラ SSD" VNVRAM の場合、書き込みパフォーマンスが向上します。

  3. この VM タイプにはローカルの NVMe ストレージが含まれており、 Cloud Volumes ONTAP では _Flash Cache _ として使用されます。Flash Cache は、最近読み取られたユーザデータとネットアップのメタデータをリアルタイムでインテリジェントにキャッシングすることで、データへのアクセスを高速化します。データベース、 E メール、ファイルサービスなど、ランダムリードが大量に発生するワークロードに効果的です。Flash Cache のパフォーマンス向上を利用するには、すべてのボリュームで圧縮を無効にする必要があります。 "詳細はこちら。"

  4. 拡張書き込みパフォーマンスは、 SSD を使用している場合は有効になりますが、 DS3_v2 仮想マシンタイプを使用している場合は有効になりません。

  5. Azure リージョンのサポートについては、を参照してください "Cloud Volume グローバルリージョン"

  6. Cloud Volumes ONTAP は、クラウドプロバイダから予約済みまたはオンデマンドの VM インスタンスのいずれかで実行できます。他の種類の VM インスタンスを使用するソリューションはサポートされていません。

HA ペア

Azure で Cloud Volumes ONTAP を HA ペアとして導入する場合は、次の構成から選択できます。

フリーミアム PAYGO Standard の略 PAYGO Premium ノードベースのライセンス 容量単位のライセンスです

最大システム容量(ディスク + オブジェクトストレージ)

500 GiB

10TiB

368TiB

1 ライセンスあたり 368 TiB

2PB

サポートされる仮想マシンタイプ

  • DS4_v2

  • DS5_v21

  • DS13_v2 の場合

  • DS14_v2^1 ^

  • DS15_v2 ^1

  • E8s_v3

  • E48s_v31

  • E80ids_v42

  • DS4_v2

  • DS13_v2 の場合

  • DS5_v21

  • DS14_v2^1 ^

  • DS15_v2 ^1

  • E8s_v3

  • E48s_v31

  • E80ids_v42

  • DS4_v2

  • DS5_v21

  • DS13_v2 の場合

  • DS14_v2^1 ^

  • DS15_v2 ^1

  • E8s_v3

  • E48s_v31

  • E80ids_v42

  • DS4_v2

  • DS5_v21

  • DS13_v2 の場合

  • DS14_v2^1 ^

  • DS15_v2 ^1

  • E8s_v3

  • E48s_v31

  • E80ids_v42

サポートされているディスクタイプ

プレミアムページブロブ

注:

  1. Cloud Volumes ONTAP では、 HA ペアを使用する場合、これらの VM タイプで高速な書き込み速度がサポートされます。シングルノードシステムを使用する場合、すべてのタイプのインスタンスで高速書き込みがサポートされます。 "書き込み速度の選択方法の詳細については、こちらをご覧ください"

  2. この VM は、 Azure メンテナンス制御が必要な場合にのみ推奨されます。価格が高いため、他のユースケースには推奨されません。

  3. PAYGO Explore は Azure の HA ペアではサポートされていません。

  4. Azure リージョンのサポートについては、を参照してください "Cloud Volume グローバルリージョン"

  5. Cloud Volumes ONTAP は、クラウドプロバイダから予約済みまたはオンデマンドの VM インスタンスのいずれかで実行できます。他の種類の VM インスタンスを使用するソリューションはサポートされていません。

サポートされるディスクサイズ

Azure では、アグリゲートに同じタイプおよびサイズのディスクを 12 本まで含めることができます。

シングルノードシステム

シングルノードシステムで Azure Managed Disks を使用している。次のディスクサイズがサポートされています。

Premium SSD の場合 標準 SSD 標準的な HDD
  • 500 GiB

  • 1TiB

  • 2TiB

  • 4TiB 未満

  • 8TiB

  • 16TiB

  • 32TiB

  • 100GiB

  • 500 GiB

  • 1TiB

  • 2TiB

  • 4TiB 未満

  • 8TiB

  • 16TiB

  • 32TiB

  • 100GiB

  • 500 GiB

  • 1TiB

  • 2TiB

  • 4TiB 未満

  • 8TiB

  • 16TiB

  • 32TiB

HA ペア

HA ペアでは、 Premium ページ BLOB を使用します。次のディスクサイズがサポートされています。

  • 500 GiB

  • 1TiB

  • 2TiB

  • 4TiB 未満

  • 8TiB