日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Puppet Agent データコレクタ

寄稿者 netapp-alavoie このページの PDF をダウンロード

Cloud Insights では、このデータコレクタを使用して Puppet Agent から指標を収集します。

インストール

  1. [Admin] > [Data Collectors] で、 [+[Data Collectors] をクリックします。「 * サービス * 」で「 Puppet 」を選択します。

    Tegraf エージェントがインストールされているオペレーティングシステムまたはプラットフォームを選択します。

  2. Agent for Collection をまだインストールしていない場合、または別のオペレーティングシステムまたはプラットフォームに Agent をインストールする場合は、 Show Instructions をクリックしてを展開します "エージェントのインストール" 手順

  3. このデータコレクタで使用するエージェントアクセスキーを選択します。[+Agent Access Key] ボタンをクリックすると、新しいエージェントアクセスキーを追加できます。ベストプラクティス:別のエージェントアクセスキーを使用するのは、たとえば OS/ プラットフォーム別にデータコレクタをグループ化する場合だけです。

  4. 設定手順に従ってデータコレクタを設定します。手順は、データの収集に使用するオペレーティングシステムまたはプラットフォームのタイプによって異なります。

Puppet の設定

セットアップ( Setup )

情報は、に記載されています "Puppet のドキュメント"

オブジェクトとカウンタ

次のオブジェクトとそのカウンタが収集されます。

オブジェクト:

識別子:

属性:

「 dataPoints 」:

Puppet Agent

ネームスペースノード UUID

ノード名場所ノード IP バージョン構成文字列バージョン Puppet

変更合計イベント失敗イベント成功イベント成功イベントリソース合計変更リソースリソース再起動失敗リソース再起動リソース再起動スケジュールリソーススキップリソース合計時間アンカー時間設定取得時間 cron タイム実行時間ファイルタイムファイルタイムファイルタイムファイルタイムファイルタイムスケジュールタイムサービスタイムスケジュール時間設定キー合計 時間ユーザー

トラブルシューティング

追加情報はから入手できます "サポート" ページ