日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Brocade Sphereon/Intrepid Switch データコレクタの設定

寄稿者 netapp-alavoie

Cloud Insights では、 Brocade Sphereon/Intrepid Switch ( SNMP )データコレクタを使用して、 Brocade Sphereon または Intrepid スイッチのインベントリを検出します。

要件

このデータコレクタを設定するには、次の要件を満たしている必要があります。

  • ファブリック内のすべてのスイッチへの IP 接続が必要です。[Discover all switches in the fabric] チェックボックスをオンにすると、 Cloud Insights はファブリック内のすべてのスイッチを識別しますが、これらの追加のスイッチを検出するには、これらのスイッチへの IP 接続が必要です。

  • SNMP V1 または SNMP V2 を使用している場合は、読み取り専用コミュニティストリングが必要です。

  • ゾーニング情報を取得するには、スイッチへの HTTP アクセスが必要です。

  • このスイッチに snmpwalk ユーティリティを実行してアクセスを検証します( _ <install_path>\bin\_ を参照)。

設定

フィールド 説明

球スイッチ

スイッチの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名

SNMP バージョン

SNMP バージョン

SNMP コミュニティストリング

スイッチへのアクセスに使用する SNMP の読み取り専用コミュニティストリング

SNMP ユーザ名

スイッチの SMI-S のユーザ名( SNMP v3 のみ)

SNMP パスワード

スイッチの SMI-S のパスワード( SNMP v3 のみ)

高度な設定

フィールド 説明

インベントリポーリング間隔(分)

インベントリのポーリング間隔。デフォルトは 15 分です。

SNMP 認証プロトコル

SNMP 認証プロトコル( SNMP v3 のみ)

SNMP プライバシーパスワード

SNMP プライバシーパスワード( SNMP v3 のみ)

SNMP 再試行回数

SNMP の再試行回数

ファブリック名

データコレクタによって報告されるファブリック名。ファブリック名を WWN としてレポートする場合は、空白のままにします。

トラッピングを有効にします

デバイスからの SNMP トラップの受信時にデータ収集を有効にする場合に選択します。トラップを有効にするを選択した場合は、 SNMP も有効にする必要があります。

トラップ間の最小時間(秒)

トラップでデータ収集を試行する最小間隔。デフォルトは 10 秒です。

パフォーマンスポーリング間隔(秒)

パフォーマンスのポーリング間隔デフォルトは 300 秒です。

トラブルシューティング

この Data Collector の追加情報は、から入手できます "サポート" ページまたはを参照してください "Data Collector サポートマトリックス"