日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cisco MDS ファブリックスイッチデータコレクタ

寄稿者 dgracenetapp netapp-alavoie このページの PDF をダウンロード

Cloud Insights では、 Cisco MDS ファブリックスイッチデータコレクタを使用して、 Cisco MDS ファブリックスイッチのインベントリ、および FC サービスが有効になっている各種の Cisco Nexus FCoE スイッチを検出します。

また、このデータコレクタを使用して、 NPV モードで実行されている多くのモデルの Cisco デバイスを検出できます。

用語集

Cloud Insights では、 Cisco FC Switch データコレクタから次のインベントリ情報を取得します。Cloud Insights では、取得したアセットのタイプごとに、そのアセットに使用される最も一般的な用語が表示されます。このデータコレクタを表示またはトラブルシューティングするときは、次の用語に注意してください。

フィールド 説明

スイッチ

スイッチ

ポート

ポート

VSAN (仮想 SAN

ファブリック

ゾーン

ゾーン

Logical Switch の略

Logical Switch の略

ネームサーバエントリ

ネームサーバエントリ

Inter-VSAN Routing ( IVR )ゾーン

IVR ゾーン

注:これらは一般的な用語の対応のみを示したものであり、このデータコレクタのすべてのケースを表しているわけではありません。

要件

  • ファブリック内の 1 つのスイッチまたは個々のスイッチの IP アドレス

  • シャーシ検出。ファブリック検出をイネーブルにします

  • SNMP V2 を使用している場合は、読み取り専用コミュニティストリングが必要です

  • ポート 161 はデバイスへのアクセスに使用されます

設定

フィールド 説明

Cisco スイッチ IP

スイッチの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名

SNMP バージョン

V1 、 V2 、または V3 を選択します。パフォーマンスの収集には v2 以降が必要です。

SNMP コミュニティストリング

スイッチへのアクセスに使用する SNMP の読み取り専用コミュニティストリング( SNMP v3 は対象外)

ユーザ名

スイッチのユーザ名( SNMP v3 のみ)

パスワード

スイッチのパスワード( SNMPv3 のみ)

高度な設定

フィールド 説明

インベントリポーリング間隔(分)

インベントリのポーリング間隔(デフォルトは 40 分)

SNMP 認証プロトコル

SNMP 認証プロトコル( SNMPv3 のみ)

SNMP プライバシープロトコル

SNMP プライバシープロトコル( SNMPv3 のみ)

SNMP プライバシーパスワード

SNMP プライバシーパスワード

SNMP 再試行回数

SNMP の再試行回数

SNMP タイムアウト(ミリ秒)

SNMP タイムアウト(デフォルトは 5 、 000 ミリ秒)

トラッピングを有効にします

トラップを有効にする場合に選択します。トラッピングを有効にする場合は、 SNMP 通知も有効にする必要があります。

トラップ間の最小時間(秒)

トラップでデータ収集を試行する最小間隔(デフォルトは 10 秒)

すべてのファブリックスイッチを検出します

ファブリック内のすべてのスイッチを検出する場合に選択します

除外されたデバイス

ポーリングの対象から除外するデバイスの IP をカンマで区切ったリスト

含まれるデバイス

ポーリングの対象に含めるデバイスの IP をカンマで区切ったリスト

デバイスタイプを確認します

Cisco デバイスとして明示的にアドバタイズされたデバイスのみを受け入れる場合に選択します

First Alias Type (最初のエイリアスタイプ

エイリアスの解決で最初に優先する情報を指定します。次のいずれかを選択します。 * Device Alais * すべての設定コマンドで必要に応じて使用できるポート WWN ( pWWN )のフレンドリ名。Cisco MDS 9000 ファミリのすべてのスイッチは、 Distributed Device Alias Services (デバイスエイリアス)をサポートしています。* なし * エイリアスは報告されません。* ポート概要 * ポートのリストでポートを識別するための概要。* ゾーンエイリアス(すべて) * アクティブな設定でのみ使用できるポートのフレンドリ名。これがデフォルトです。

2 番目のエイリアスタイプ

エイリアスの解決で 2 番目に優先する情報を指定します

3 番目のエイリアスタイプ

エイリアスの解決で 3 番目に優先する情報を指定します

SANTap プロキシモードサポートをイネーブルにします

Cisco スイッチで SANTap のプロキシモードを使用している場合に選択。EMC RecoverPoint を使用している場合は、 SANTap を使用していると考えられます。

パフォーマンスポーリング間隔(秒)

パフォーマンスのポーリング間隔(デフォルトは 300 秒)

トラブルシューティング

このデータコレクタで問題が発生した場合の対処方法を次に示します。

在庫

問題 次の操作を実行します

エラー:シャーシを検出できませんでした - スイッチが検出されていません

• IP が設定されているデバイスに ping を実行する• Cisco Device Manager GUI を使用してデバイスにログインする• CLI を使用してデバイスにログインする• SNMP Walk を実行してみます

エラー:デバイスが Cisco MDS スイッチではありません

•デバイスに設定されたデータソース IP が正しいことを確認する• Cisco Device Manager GUI を使用してデバイスにログインする• CLI を使用してデバイスにログインする

エラー: Cloud Insights はスイッチの WWN を取得できません。

このスイッチは FC スイッチまたは FCoE スイッチではない可能性があり、サポートされていない場合もあります。データソースに設定された IP / FQDN が、本当に FC / FCoE スイッチであることを確認してください。

エラー:複数のノードが NPV スイッチポートにログインしています

NPV スイッチの直接取得をディセーブルにします

エラー:スイッチに接続できませんでした

•デバイスが稼働していることを確認する• IP アドレスとリスニングポートを確認する•デバイスに ping を実行する• Cisco Device Manager GUI を使用してデバイスにログインする• CLI を使用してデバイスにログインする• SNMP Walk を実行する

パフォーマンス

問題 次の操作を実行します

エラー: Performance acquisition not supported by SNMP v1

•データソースを編集し、スイッチのパフォーマンスを無効にする•データソースとスイッチの設定を変更して SNMP v2 以上を使用する

追加情報はから入手できます "サポート" ページまたはを参照してください "Data Collector サポートマトリックス"