日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Dell EMC RecoverPoint データコレクタ

寄稿者 netapp-alavoie このページの PDF をダウンロード

EMC RecoverPoint データコレクタは、 EMC RecoverPoint ストレージからインベントリ情報を収集します。データコレクタを設定するには、ストレージプロセッサの IP アドレス、および読み取り専用のユーザ名とパスワードが必要です。

EMC RecoverPoint データコレクタは、 RecoverPoint が他のストレージアレイ間で調整するボリューム間レプリケーション関係を収集します。Cloud Insights は各 RecoverPoint クラスタのストレージアレイを表示し、そのクラスタ上のノードとストレージポートのインベントリデータを収集します。ストレージプールまたはボリュームのデータは収集されません。

要件

このデータコレクタを設定するには、次の情報が必要です。

  • ストレージプロセッサの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名

  • 読み取り専用のユーザ名とパスワード

  • ポート 443 経由での REST API へのアクセス

設定

フィールド 説明

RecoverPoint のアドレス

RecoverPoint クラスタの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名

ユーザ名

RecoverPoint クラスタのユーザ名

パスワード

RecoverPoint クラスタのパスワード

高度な設定

フィールド 説明

TCP ポート

RecoverPoint クラスタへの接続に使用する TCP ポート

インベントリポーリング間隔(分)

インベントリのポーリング間隔。デフォルトは 20 分です。

除外クラスタ

ポーリング時に対象から除外するクラスタの ID または名前をカンマで区切ったリスト。

トラブルシューティング

この Data Collector の追加情報は、から入手できます "サポート" ページまたはを参照してください "Data Collector サポートマトリックス"