日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

EMC VNX Unified データコレクタの構成

寄稿者 netapp-alavoie このページの PDF をダウンロード

EMC VNX Unified ( SSH )データコレクタを設定するには、 Control Station の IP アドレス、および読み取り専用のユーザ名とパスワードが必要です。

用語集

Cloud Insights では、 EMC VNX ユニファイドデータコレクタから次のインベントリ情報を取得します。Cloud Insights では、取得したアセットのタイプごとに、そのアセットに使用される最も一般的な用語が表示されます。このデータコレクタを表示またはトラブルシューティングするときは、次の用語に注意してください。

フィールド 説明

ディスク

ディスク

ディスクフォルダ

ディスクグループ

ファイルシステム

内部ボリューム

ストレージ

ストレージ

ストレージプロセッサ

ストレージノード

ストレージプール、 RAID グループ

ストレージプール

LUN

ボリューム

データムーバー

コントローラ

データムーバーにマウントされたファイルシステム

ファイル共有

CIFS および NFS エクスポート

共有

ディスクボリューム

バックエンド LUN

要件

VNX ( SSH )データコレクタを構成するには、次のものが必要です。

  • VNX IP アドレスと資格情報を Celerra Control Station に追加します。

  • 読み取り専用のユーザ名とパスワード

  • データコレクタは 'DART OS NAS ヘッドを使用して ' バックエンド・アレイに対して NaviCLI/naviseccli コマンドを実行できます

設定

フィールド 説明

VNX IP アドレス

VNX Control Station の IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名

ユーザ名

VNX Control Station のユーザー名

パスワード

VNX Control Station のパスワード

高度な設定

フィールド 説明

インベントリポーリング間隔(分)

インベントリのポーリング間隔。デフォルトは 40 分です。

パフォーマンスポーリング間隔(秒)。

パフォーマンスのポーリング間隔デフォルトは 300 秒です。

トラブルシューティング

この Data Collector の追加情報は、から入手できます "サポート" ページまたはを参照してください "Data Collector サポートマトリックス"