日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

HP Enterprise Command View データコレクタ

寄稿者 netapp-alavoie このページの PDF をダウンロード

HP Enterprise Command View Advanced Edition データコレクタは、 Command View Advanced Edition (CVAE) サーバーを使用した XP アレイと P9500 アレイの検出をサポートしています。Cloud Insights は、標準のコマンドビュー API を使用して CVAE と通信し、インベントリデータとパフォーマンスデータを収集します。

用語集

Cloud Insights は、 HP Enterprise Command View データコレクタから次のインベントリ情報を取得します。Cloud Insights では、取得したアセットのタイプごとに、そのアセットに使用される最も一般的な用語が表示されます。このデータコレクタを表示またはトラブルシューティングするときは、次の用語に注意してください。

ベンダー / モデルの用語 Cloud Insights の用語

PDEV

ディスク

ジャーナルプール

ディスクグループ

ストレージアレイ

ストレージ

Port Controller の略

ストレージノード

アレイグループ 'DP プール

ストレージプール

論理ユニット、 LDEV

ボリューム

注:これらは一般的な用語の対応のみを示したものであり、このデータコレクタのすべてのケースを表しているわけではありません。

インベントリの要件

インベントリデータを収集するには、次の情報が必要です。

  • CVAE サーバの IP アドレス

  • CVAE ソフトウェアおよびピア特権の読み取り専用ユーザ名とパスワード

  • ポート要件: 2001

パフォーマンス要件

パフォーマンスデータを収集するには、次の要件を満たしている必要があります。

  • HDS USP 、 USP V 、および VSP のパフォーマンス

    • Performance Monitor のライセンスが必要です。

    • 監視スイッチが有効になっている必要があります。

    • エクスポートツール( Export.exe )を Cloud Insights AU にコピーして、場所に抽出する必要があります。CI Linux AUS で、「 ciscys 」に読み取りおよび実行権限があることを確認します。

    • エクスポートツールのバージョンとターゲットアレイのマイクロコードのバージョンが一致している必要があります。

  • AMS のパフォーマンス:

    • Performance Monitor のライセンスが必要です。

    • Storage Navigator Modular 2 ( SNM2 ) CLI ユーティリティが Cloud Insights AU にインストールされている必要があります。

  • ネットワーク要件

    • エクスポートツールは Java ベースであり、 RMI を使用してアレイと通信します。これらのツールは、呼び出しごとに送信元と宛先の TCP ポートを動的にネゴシエートするため、ファイアウォールとの親和性がない場合があります。また、異なるモデルアレイのエクスポートツールがネットワーク全体で異なる動作をする場合があります。ご使用のモデルの要件については、 HPE にお問い合わせください

設定

フィールド 説明

Command View Server の順にクリックします

Command View サーバの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名

ユーザ名

Command View サーバのユーザ名。

パスワード

Command View サーバのパスワード

デバイス - VSP G1000 ( R800 )、 VSP ( R700 )、 HUS VM ( HM700 )、および USP ストレージ

VSP G1000 ( R800 )、 VSP ( R700 )、 HUS VM ( HM700 )、および USP ストレージのデバイスリスト。各ストレージには ' ストレージの *Array’s IP: IP アドレスが必要ですユーザー名 : ストレージのユーザー名 *Password: エクスポートユーティリティ JAR ファイルを含むストレージ * フォルダのパスワード

SNM2Devices - WMS/SMS/AMS ストレージ

WMS / SMS / AMS ストレージのデバイスリスト。各ストレージには、ストレージの * アレイの IP : IP アドレス * Storage Navigator CLI Path : SNM2 CLI Path * Account Authentication Valid :有効なアカウント認証を選択する場合に選択します。 * User Name :ストレージのユーザー名 * Password :パスワード

「 Tuning Manager 」を「 Performance 」に選択します

他のパフォーマンスオプションよりも優先されます

Tuning Manager Host (ホストのチューニング)

Tuning Manager の IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名

Tuning Manager ポート

Tuning Manager に使用するポート

Tuning Manager のユーザ名

Tuning Manager のユーザ名

Tuning Manager パスワード

Tuning Manager のパスワード

注: HDS USP 、 USP V 、および VSP では、どのディスクも複数のアレイグループに属することができます。

高度な設定

フィールド

説明

Command View Server のポート

Command View Server に使用するポート

HTTPs が有効です

HTTPS を有効にする場合に選択します

インベントリポーリング間隔(分)

インベントリのポーリング間隔。デフォルトは 40. です。

「除外」または「含める」を選択してリストを指定します

下のリストに表示されたアレイをデータの収集時に対象に含めるか除外するかを指定します。

デバイスを除外または含める

対象に含めるか除外するデバイスの ID またはアレイ名をカンマで区切ったリスト

ホストマネージャを照会します

ホストマネージャを照会する場合に選択します

パフォーマンスポーリング間隔(秒)

パフォーマンスのポーリング間隔デフォルトは 300. です。

トラブルシューティング

このデータコレクタで問題が発生した場合の対処方法を次に示します。

在庫

問題 次の操作を実行します

エラー:ユーザに十分な権限がありません

別のユーザアカウントを使用して、権限を追加するか、データコレクタで設定されているユーザアカウントの権限を増やします

エラー:ストレージリストが空です。デバイスが設定されていないか、ユーザに十分な権限がありません

* デバイスが設定されているかどうかを確認するには、 DeviceManager を使用します。* より多くの権限を持つ別のユーザーアカウントを使用するか、ユーザーアカウントの権限を高めます

エラー: HDS ストレージアレイが数日間更新されませんでした

HP CommandView AE でこのアレイが更新されない理由を確認してください。

パフォーマンス

問題 次の操作を実行します

エラー: * エクスポートユーティリティの実行エラー * 外部コマンドの実行中にエラーが発生しました

* エクスポートユーティリティが Cloud Insights Acquisition Unit にインストールされていることを確認します。 * データコレクタ設定でエクスポートユーティリティの場所が正しいことを確認します。 * データコレクタの設定で USP/R600 アレイの IP が正しいことを確認します。 * ユーザー名を確認します データコレクタの設定でパスワードが正しい * エクスポートユーティリティのバージョンが Cloud Insights Acquisition Unit からストレージアレイのマイクロコードバージョン * と互換性があることを確認してください。 CMD プロンプトを開き、次の手順を実行します。 - 設定済みのインストールディレクトリにディレクトリを変更します - バッチファイル runWin.bat を実行して、設定済みのストレージアレイとの接続を試みます

エラー:ターゲット IP のエクスポートツールのログインに失敗しました

* ユーザー名 / パスワードが正しいことを確認します * この HDS データコレクタ用に主にユーザー ID を作成します。 * このアレイを取得するように他のデータコレクタが設定されていないことを確認してください

エラー:「 Unable to get time range for monitoring 」というメッセージが表示されます。

* アレイでパフォーマンス監視が有効になっていることを確認します。* Cloud Insights の外部でエクスポートツールを起動して、問題が Cloud Insights の外部にあることを確認してください。

エラー: * 設定エラー:ストレージアレイがエクスポートユーティリティでサポートされていません * 設定エラー:ストレージアレイが Storage Navigator Modular CLI でサポートされていません

* サポートされているストレージアレイのみを構成します。* サポートされていないストレージ・アレイを除外するには ' フィルタ・デバイス・リストを使用します

エラー: * 外部コマンドの実行エラー * 設定エラー:ストレージアレイがインベントリによって報告されない * 設定エラー:エクスポートフォルダに jar ファイルが含まれていません

* エクスポートユーティリティの場所を確認します。* 対象のストレージアレイが Command View Server で設定されているかどうかを確認 * パフォーマンスのポーリング間隔を 60 秒の倍数に設定します。

エラー : * エラーストレージナビゲータ CLI* オーPerform コマンドの実行エラー * 外部コマンドの実行中にエラーが発生しました

* Cloud Insights Acquisition Unit に Storage Navigator Modular CLI がインストールされていることを確認します。 * データコレクタ設定で Storage Navigator Modular CLI の場所が正しいことを確認します。 * データコレクタ設定で WMS / SMS / SMS アレイの IP が正しいことを確認します。 * Confirm Storage Navigator Modular CLI のバージョンが、 Cloud Insights Acquisition Unit のデータコレクタ * に設定されているストレージアレイのマイクロコードバージョンと互換性があることを確認してから、 CMD プロンプトを開き、次の手順を実行します。 - 設定したインストールディレクトリにディレクトリを変更します。次のコマンド「 auunitref.exe 」を実行して、設定したストレージアレイと接続してみます。

エラー:設定エラー:ストレージアレイがインベントリから報告されません

Command View サーバで、該当するストレージアレイが設定されているかどうかを確認します

エラー: * ストレージナビゲーター Modular 2 CLI にアレイが登録されていません * アレイが Storage Navigator Modular 2 CLI に登録されていません * 設定エラー:ストレージアレイが StorageNavigator Modular CLI に登録されていません

* コマンドプロンプトを開き、ディレクトリを構成されたパスに変更します。 * コマンド「 set=STORAM_HOME= 」を実行します。 * コマンド「 auunitref 」を実行します。 * 出力にアレイの詳細が含まれていない場合は、コマンド出力にアレイの詳細が含まれていることを確認し、ストレージナビゲータの CLI にアレイを登録します。 - コマンドプロンプトを開き、ディレクトリを設定されたパスに変更します。コマンド「 set=STORAM_HOME= 」を実行します。 - コマンド「 auunitaddauto-IP$ { ip } 」を実行します。$ { IP } を実際の IP に置き換えてください

追加情報はから入手できます "サポート" ページまたはを参照してください "Data Collector サポートマトリックス"