日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

IBM System Storage DS8000 シリーズデータコレクタ

寄稿者 netapp-alavoie このページの PDF をダウンロード

IBM DS ( CLI )データコレクタは、 DS6xxx および DS8xxx のデバイスのインベントリデータとパフォーマンスデータの収集をサポートします。

DS3xxx 、 DS4xxx 、および DS5xxx デバイスは、でサポートされています "NetApp E シリーズのデータコレクタ"。サポートされるモデルとファームウェアバージョンについては、 Cloud Insights のサポートマトリックスを参照してください。

用語集

Cloud Insights では、 IBM DS データコレクタから次のインベントリ情報を取得します。Cloud Insights では、取得したアセットのタイプごとに、そのアセットに使用される最も一般的な用語が表示されます。このデータコレクタを表示またはトラブルシューティングするときは、次の用語に注意してください。

ベンダー / モデルの用語 Cloud Insights の用語

ディスクドライブモジュール

ディスク

ストレージイメージ

ストレージ

エクステントプール

ストレージノード

固定ブロックボリューム

ボリューム

ホスト FC イニシエータ(マッピング済み)

ボリュームマスク

注:これらは一般的な用語の対応のみを示したものであり、このデータ照合のすべてのケースを表しているわけではありません。

要件

このデータコレクタを設定するには、次の情報が必要です。

  • 各 DS アレイの IP アドレス

  • 各 DS アレイの読み取り専用のユーザ名とパスワード

  • Cloud Insights AU にサードパーティ製ソフトウェア IBM_dscli_ がインストールされている

  • アクセスの検証:ユーザ名とパスワードを使用して Run_dscli _ コマンドを実行します

  • ポートの要件: 80 、 443 、および 1750

設定

フィールド 説明

DS ストレージ

DS デバイスの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名

ユーザ名

DS CLI のユーザ名

パスワード

DS CLI のパスワード

_dscli 実行可能ファイルのパス

dscli_executable のフルパス

高度な設定

フィールド 説明

インベントリポーリング間隔(分)

インベントリのポーリング間隔(分)。デフォルトは 40. です。

ストレージ表示名

IBM DS ストレージアレイの名前

インベントリ除外デバイス

インベントリ収集の対象から除外するデバイスのシリアル番号をカンマで区切ったリスト

パフォーマンスポーリング間隔(秒)

デフォルトは 300. です。

パフォーマンスフィルタタイプ

Include :リストのデバイスからのみデータを収集します。Exclude :リストのデバイスからデータを収集しません

パフォーマンスフィルタのデバイスリスト

パフォーマンス収集の対象に含めるか除外するデバイスの ID をカンマで区切ったリスト

トラブルシューティング

このデータコレクタで問題が発生した場合の対処方法を次に示します。

在庫

問題 次の操作を実行します

CMUC00192E 、 CMUC00191E 、または CMUC00190E を含むエラーです

* 入力された資格情報と IP アドレスを確認してください。* Web 管理コンソールを使用してアレイと通信してみてください https://${ip}:8452/DS8000/Console。$ { IP } をデータコレクタが設定した IP に置き換えてください。

エラー: * プログラムを実行できません * コマンド実行中にエラーが発生しました

* Cloud Insights Acquisition Unit から CMD * Open CLI.CFG ファイルを CLI のホームディレクトリ /lib で開き、プロパティ JAVA_INSTALL を確認して、使用している環境に合わせて値を編集します * このマシンにインストールされている Java バージョンを表示します。次のように入力します。 「 java -version 」 * CLI コマンドで指定した IBM ストレージデバイスの IP アドレスに ping を実行します。* 上記のすべてが正常に動作した場合は、 CLI コマンドを手動で実行します

追加情報はから入手できます "サポート" ページまたはを参照してください "Data Collector サポートマトリックス"