日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

IBM PowerVM データコレクタの設定

寄稿者 netapp-alavoie このページの PDF をダウンロード

IBM PowerVM ( SSH )データコレクタは、ハードウェア管理コンソール( HMC )で管理される IBM POWER ハードウェアインスタンスで実行されている仮想パーティションに関する情報を収集するために使用されます。

用語集

Cloud Insights は、 IBM POWER ハードウェアインスタンスで実行されている仮想パーティションからインベントリ情報を取得します。取得したアセットのタイプごとに、そのアセットに使用される最も一般的な用語が表示されます。このデータコレクタを表示またはトラブルシューティングするときは、次の用語に注意してください。

ベンダー / モデルの用語 Cloud Insights の用語

hdisk

仮想ディスク

Managed System の略

ホスト

LPAR 、 VIO サーバ

仮想マシン

ボリュームグループ

データストア

物理ボリューム

LUN

注:これらは一般的な用語の対応のみを示したものであり、このデータコレクタのすべてのケースを表しているわけではありません。

要件

このデータコレクタを設定して使用するには、次の要件を満たしている必要があります。

  • ハードウェア管理コンソール( HMC )の IP アドレス

  • SSH を使用してハードウェア管理コンソール( HMC )にアクセスするためのユーザ名とパスワード

  • ポート要件は SSH-22 です

  • すべての管理システムおよび論理パーティションセキュリティドメインに対する表示権限

    ユーザには、 HMC の設定に対する表示権限も必要であり、 HMC コンソールセキュリティグループの VPD 情報を収集できる必要があります。ユーザーは、論理パーティションセキュリティグループの Virtual IO Server コマンドへのアクセスも許可されている必要があります。オペレータのロールから開始し、すべてのロールを削除することを推奨します。HMC の読み取り専用ユーザには、 AIX ホストでプロキシされたコマンドを実行する権限はありません。

  • IBM のベストプラクティスは、 2 台以上の HMI でデバイスを監視することです。これにより、原因 OnCommand Insight で重複したデバイスが報告される場合があるため、このデータコレクタの詳細設定の [ デバイスを除外する ] リストに冗長デバイスを追加することを強くお勧めします。

設定

フィールド 説明

ハードウェア管理コンソール( HMC )の IP アドレス

PowerVM ハードウェア管理コンソールの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名

HMC ユーザ

ハードウェア管理コンソールのユーザ名

パスワード

ハードウェア管理コンソールのパスワード

高度な設定

フィールド 説明

インベントリポーリング間隔(分)

インベントリのポーリング間隔。デフォルトは 20 分です。

SSH ポート

PowerVM への SSH に使用するポート

パスワード

ハードウェア管理コンソールのパスワード

再試行回数

インベントリの再試行回数

デバイスを除外します

対象から除外するデバイスの ID または表示名をカンマで区切ったリスト

トラブルシューティング

この Data Collector の追加情報は、から入手できます "サポート" ページまたはを参照してください "Data Collector サポートマトリックス"