日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

IBM XIV / A9000 データコレクタの設定

寄稿者 netapp-alavoie このページの PDF をダウンロード

IBM XIV および A9000 ( CLI )データコレクタでは、 XIV コマンドラインインターフェイスを使用してインベントリデータを収集します。また、パフォーマンス収集は、ポート 7778 で SMI-S プロバイダを実行する XIV / A9000 アレイを SMI-S から呼び出して実行します。

用語集

ベンダー / モデルの用語 Cloud Insights の用語

ディスク

ディスク

ストレージシステム

ストレージ

ストレージプール

ストレージプール

ボリューム

ボリューム

要件

このデータコレクタを設定して使用するには、次の要件を満たしている必要があります。

  • ポート要件: TCP ポート 7778

  • 読み取り専用のユーザ名とパスワード

  • XIV CLI が AU にインストールされている必要があります

パフォーマンス要件

パフォーマンス収集の要件は次のとおりです。

  • SMI-S Agent 1.4 以降

  • SMI-S 互換の CIMService がアレイ上で実行されています。ほとんどの XIV アレイにはデフォルトで cimserver がインストールされています。

  • cimserver にはユーザログインを指定する必要があります。ログインには、アレイの構成とプロパティに対する完全な読み取りアクセス権が必要です。

  • SMI-S ネームスペース。デフォルトは root/IBM です。これは cimserver で設定できます。

  • ポート要件: HTTP の場合は 5988 、 HTTPS の場合は 5989 。

  • SMI-S パフォーマンス収集用のアカウントの作成方法については、次のリンクを参照してください。 http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/tivihelp/v4r1/index.jsp?topic=%2Fcom.ibm.tpc_V41.doc%2Ffqz0_t_adding_cim_agent.html

設定

フィールド 説明

XIV IP アドレス

XIV ストレージの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名

ユーザ名

XIV ストレージのユーザ名

パスワード

XIV ストレージのパスワード

XIV CLI ディレクトリの完全パス

XIV CLI を含むフォルダの完全パス

SMI-S ホストの IP アドレス

SMI-S ホストの IP アドレス

高度な設定

フィールド 説明

インベントリポーリング間隔(分)

インベントリのポーリング間隔。デフォルトは 40 分です。

SMI-S プロトコル

SMI-S プロバイダへの接続に使用するプロトコル。デフォルトのポートも表示されます。

SMI-S ポートを上書きします

空白の場合は、 [Connection Type] フィールドでデフォルトのポートを使用します。それ以外の場合は、使用する接続ポートを入力します

ユーザ名

SMI-S プロバイダホストのユーザ名

パスワード

SMI-S プロバイダホストのパスワード

パフォーマンスポーリング間隔(秒)

パフォーマンスのポーリング間隔デフォルトは 300 秒です。

トラブルシューティング

この Data Collector の追加情報は、から入手できます "サポート" ページまたはを参照してください "Data Collector サポートマトリックス"