日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

binding (仮想ボリューム)

寄稿者 netapp-mwallis amgrissino

binding オブジェクトには、仮想ボリュームのバインディングに関する情報が含まれます。「 ListVirtualVolumeBindings 」 API メソッドを使用すると、すべての仮想ボリュームに関する以下の情報のリストを取得できます。

オブジェクトメンバー

このオブジェクトのメンバーは次のとおりです。

名前 説明 を入力します

protocolEndpointID

プロトコルエンドポイントの一意の ID 。

UUID

protocolEndpointInBandID を指定します

プロトコルエンドポイントの scsiNAADeviceID 。

文字列

protocolEndpointType

プロトコルエンドポイントのタイプ。SCSI は、プロトコルエンドポイントタイプに返される唯一の値です。

文字列

virtualVolumeBindingID

仮想ボリュームバインドオブジェクトの一意の ID 。

整数

virtualVolumeHostID

仮想ボリュームホストの一意の ID 。

UUID

virtualVolumeID

仮想ボリュームの一意の ID 。

UUID

virtualVolumeSecondaryID

仮想ボリュームのセカンダリ ID 。

文字列

詳細については、こちらをご覧ください