日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CloneVolume

寄稿者 netapp-mwallis amgrissino

「 CloneVolume 」メソッドを使用して、ボリュームのコピーを作成できます。このメソッドは非同期であり、また完了までの時間はさまざまです。

クローン作成プロセスは 'CloneVolume' 要求を行うとすぐに開始され 'API メソッドが発行されたときのボリュームの状態を表しますを使用できます GetAsyncResult クローニングプロセスがいつ完了し、新しいボリュームが接続可能かを確認する方法。を使用できます ListSyncJobs をクリックして、クローン作成の進捗状況を確認します。ボリュームの初期属性と QoS 設定は、クローンの作成元のボリュームから継承されます。これらの設定はで変更できます ModifyVolume の追加

注記 クローンボリュームには、ソースボリュームのボリュームアクセスグループメンバーシップは継承されません。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

にアクセスします

新しいボリュームに許可するアクセス。値を指定しない場合、アクセス値は変更されません。有効な値は次のとおり

  • re adOnly: ( オプション ) 読み取り操作のみが許可されます

  • ReadWrite: ( オプション ) 読み取りと書き込みが可能です。

  • 'locked] :(任意)読み取りも書き込みもできません。指定しない場合、クローニングするボリュームのアクセス値が使用されます。

  • ReplicationTarget: ( オプション ) ペアリングされたボリュームセットのターゲットボリュームとしてボリュームを指定しますボリュームがペアリングされていない場合、アクセスステータスは locked になります。

文字列

なし

いいえ

属性( Attributes )

JSON オブジェクト形式の名前と値のペアのリスト。

JSON オブジェクト

なし

いいえ

enable512e

新しいボリュームで 512 バイトのセクターエミュレーションを使用するかどうかを指定します。指定しない場合、クローニングするボリュームの設定が使用されます。

ブール値

元のボリュームの設定

いいえ

enableSnapMirrorReplication

ボリュームを SnapMirror エンドポイントでのレプリケーションに使用できるかどうかを指定します。有効な値は次のとおり

  • 正しいです

  • いいえ

ブール値

いいえ

いいえ

名前

新しいクローンボリュームの名前。 1~64 文字で指定する必要があります。

文字列

なし

はい。

newAccountID

新しいボリュームの所有者のアカウント ID 。指定しない場合、クローニングするボリュームの所有者のアカウント ID が使用されます。

整数

元のボリュームの所有者のアカウント ID

いいえ

newSize

ボリュームの新しいサイズ(バイト)。クローニングするボリュームのサイズより大きくすることも小さくすることもできます。指定しない場合、ボリュームサイズは変更されません。サイズは最も近い 1MB 単位のサイズに切り上げられます。

整数

なし

いいえ

Snapshot ID

クローンのソースとして使用される Snapshot の ID 。ID を指定しない場合は、現在のアクティブボリュームが使用されます。

整数

なし

いいえ

ボリューム ID

クローニングするボリュームの ID 。

整数

なし

はい。

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前

説明

を入力します

asyncHandle

処理結果の取得に使用されるハンドル値。

整数

クローン ID

新しいクローンボリュームのクローン ID 。

整数

カーブ( Curve )

クローンに適用された QoS curve 値。

JSON オブジェクト

ボリューム

新しいクローンボリュームの情報を含むオブジェクト。

ボリューム ID

新しいクローンボリュームの ID 。

整数

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "CloneVolume",
   "params": {
      "volumeID" : 5,
      "name"  : "mysqldata-snapshot1",
      "access" : "readOnly"
   },
   "id" : 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id": 1,
  "result": {
      "asyncHandle": 42,
      "cloneID": 37,
      "volume": {
          "access": "readOnly",
          "accountID": 1,
          "attributes": {},
          "blockSize": 4096,
          "createTime": "2016-03-31T22:26:03Z",
          "deleteTime": "",
          "enable512e": true,
          "iqn": "iqn.2010-01.com.solidfire:jyay.mysqldata-snapshot1.680",
          "name": "mysqldata-snapshot1",
          "purgeTime": "",
          "qos": {
              "burstIOPS": 100,
              "burstTime": 60,
              "curve": {
                  "4096": 100,
                  "8192": 160,
                  "16384": 270,
                  "32768": 500,
                  "65536": 1000,
                  "131072": 1950,
                  "262144": 3900,
                  "524288": 7600,
                  "1048576": 15000
              },
              "maxIOPS": 100,
              "minIOPS": 50
          },
          "scsiEUIDeviceID": "6a796179000002a8f47acc0100000000",
          "scsiNAADeviceID": "6f47acc1000000006a796179000002a8",
          "sliceCount": 0,
          "status": "init",
          "totalSize": 1000341504,
          "virtualVolumeID": null,
          "volumeAccessGroups": [],
          "volumeID": 680,
          "volumePairs": []
      },
      "volumeID": 680
  }
}

新規導入バージョン

9.6

詳細については、こちらをご覧ください