日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CreateBackupTarget をクリックします

寄稿者 netapp-mwallis

「 CreateBackupTarget 」を使用すると、バックアップターゲット情報を作成および保存できるため、バックアップを作成するたびに再入力する必要がなくなります。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

名前

バックアップターゲットの名前。

文字列

なし

はい。

属性( Attributes )

JSON オブジェクト形式の名前と値のペアのリスト。

JSON オブジェクト

なし

○(ただし空にすることも可能)

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前

説明

を入力します

backupTargetID

新しいバックアップターゲットに割り当てられた一意の識別子。

整数

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "CreateBackupTarget",
   "params": {
      "name": "mytargetbackup"
   },
"id": 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
   "id": 1,
   "result": {
      "backupTargetID": 1
   }
}

新規導入バージョン

9.6