日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

スケジュールの作成

寄稿者 netapp-mwallis

'createschedule' を使用して ' 定義した間隔でボリュームのスナップショットを自動的に作成するようにスケジュールできます

作成した Snapshot をあとでバックアップまたはロールバックとして使用すると、 Snapshot を作成した時点でのボリュームまたはボリュームグループのデータの整合性を確保できます。Snapshot のスケジュールを 5 分以外の間隔で設定した場合、 Snapshot は 5 分単位に繰り上げた時間で実行されます。たとえば、 12 : 42 : 00 UTC に実行するように Snapshot のスケジュールを設定した場合、 12 : 45 : 00 UTC に実行されます。Snapshot のスケジュールを 5 分未満の間隔で実行するように設定することはできません。

注記 Snapshot を作成できるのは、クラスタフルが「ステージ 1 」、「ステージ 2 」、または「ステージ 3 」の場合です。ステージが 4 または 5 に達すると、 Snapshot を作成できなくなります。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

「 attributes 」

「 frequency 」文字列を使用して、スナップショットの頻度を指定します。有効な値は次のとおり

  • 「週の日」

  • 「月の日」

  • 「時間間隔」

JSON オブジェクト

なし

いいえ

「 hasError 」

* 必要な概要の助け *

ブール値

「偽」

いいえ

「時間」

スナップショットが曜日または月の日モードで実行される GMT 時間で、スナップショットが繰り返し作成される時間数。有効な値は 0~23 です。

整数

なし

いいえ

「 lastRunStatus 」を参照してください

最後にスケジュールされた Snapshot の作成結果またはステータス。

文字列

なし

いいえ

「 name 」

Snapshot の名前。名前を入力しない場合、グループ Snapshot の作成日時が使用されます。最大文字数は 244 文字です。

文字列

なし

いいえ

「規約」

スナップショットが繰り返し作成されるまでの分数または GMT 時間で、スナップショットが曜日または月日モードで実行される時間(分単位)。有効な値は 5~59 です。

整数

なし

いいえ

「一時停止」

スケジュールを一時停止するかどうか。有効な値:

  • 「真」

  • 「偽」

ブール値

なし

いいえ

「巻き取り」

スケジュールを繰り返すかどうか。有効な値は次のとおりです。

  • 「真」

  • 「偽」

ブール値

なし

いいえ

runNextInterval

スケジューラが次回アクティブになったときに Snapshot を実行するかどうかを指定します。true に設定すると、次にスケジューラがアクティブになったときにスケジュールされた Snapshot が作成され、 false にリセットされます。有効な値は次のとおりです。

  • 「真」

  • 「偽」

ブール値

「偽」

いいえ

'scheduleName'

スケジュールの一意の名前。最大文字数は 244 文字です。

文字列

なし

はい。

'scheduleType'

作成するスケジュールのタイプ。有効な値は snapshot です。

文字列

なし

はい。

'scheduleInfo'

スケジュールに指定した一意の名前、作成された Snapshot の保持期間、 Snapshot 作成元のボリュームのボリューム ID 。有効な値:

  • volumeID : Snapshot に含めるボリュームの ID整数

  • volums :グループ Snapshot に含めるボリューム ID のリスト。(整数の配列)。

  • name :使用するスナップショット名。文字列

  • enableRemoteReplication :リモート・レプリケーションにスナップショットを含めるかどうかを指定しますブール値

  • Retention : HH : mm : ss 形式での、 Snapshot を保持する時間空の場合、 Snapshot は無期限に保持されます。文字列

  • FIFO :スナップショットは FIFO ( First-In First-Out )ベースで保持されます。文字列

  • 「 ensireSerialCreation 」:以前のスナップショット複製が進行中の場合に、新しいスナップショットの作成を許可するかどうかを指定します。ブール値

JSON オブジェクト

なし

はい。

「 MirrorLabel 」を参照してください

SnapMirror エンドポイントでの Snapshot 保持ポリシーを指定するために SnapMirror ソフトウェアで使用されるラベル。

文字列

なし

いいえ

'tartingDate'

スケジュールを実行する時刻。設定しない場合、スケジュールはただちに開始されます。形式は UTC 時間形式です。

ISO 8601 形式の日付文字列

なし

いいえ

「 toBeDeleted 」と入力します

Snapshot の作成が完了したあとに Snapshot スケジュールを削除します。

ブール値

「偽」

いいえ

「日」

Snapshot を作成する特定の日にち。有効な値は 1~31 です。

整数の配列

なし

○(日にちでスケジュール設定する場合)

「平日」

Snapshot を作成する曜日。必要な値は次のとおりです(使用する場合)。

  • 「 D 」: 0 ~ 6 (日曜日 ~ 土曜日)

  • オフセット:月の各週に 1 ~ 6 ( 1 より大きい場合は、週の N ~ 1 日にのみ一致します)。たとえば、「 offset : 3 for Sunday 」は月の第 3 日曜日、「 offset : 4 for Wednesday 」は月の第 4 水曜日を意味します。offset : 0 は、アクションが実行されないことを意味します。offset : 1 (デフォルト)は、 Snapshot が毎月のどこに配置されるかに関係なく、この曜日に作成されることを意味します。

JSON オブジェクトの配列

なし

○(曜日でスケジュール設定する場合)

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前

説明

を入力します

scheduleID です

作成されたスケジュールの ID 。

整数

スケジュール

作成されたスケジュールの情報を含むオブジェクト。

要求例 1

次のパラメータを含むスケジュールの例を次に示します。

  • 可能なかぎり午前 0 時( 00 : 00 : 00Z )近くにスケジュールが開始されるように、開始時間または分は指定しません。

  • 繰り返し作成されません(一度だけ実行されます)。

  • 2015 年 6 月 1 日 UTC 19 : 17 : 15z 以降の最初の日曜日または水曜日(いずれか早い日)に一度だけ実行されます。

  • 1 つのボリューム(ボリューム ID = 1 )のみが含まれます。

{
  "method":"CreateSchedule",
  "params":{
    "hours":0,
    "minutes":0,
    "paused":false,
    "recurring":false,
    "scheduleName":"MCAsnapshot1",
    "scheduleType":"snapshot",
    "attributes":{
      "frequency":"Days Of Week"
    },
    "scheduleInfo":{
      "volumeID":"1",
      "name":"MCA1"
    },
    "monthdays":[],
    "weekdays":[
      {
        "day":0,
        "offset":1
      },
      {
        "day":3,
        "offset":1
      }
    ],
    "startingDate":"2015-06-01T19:17:54Z"
  },
   "id":1
}
}
}

応答例 1

上記の要求に対する応答例を次に示します。

{
  "id": 1,
  "result": {
    "schedule": {
      "attributes": {
        "frequency": "Days Of Week"
      },
      "hasError": false,
      "hours": 0,
      "lastRunStatus": "Success",
      "lastRunTimeStarted": null,
      "minutes": 0,
      "monthdays": [],
      "paused": false,
      "recurring": false,
      "runNextInterval": false,
      "scheduleID": 4,
      "scheduleInfo": {
        "name": "MCA1",
        "volumeID": "1"
      },
      "scheduleName": "MCAsnapshot1",
      "scheduleType": "Snapshot",
      "startingDate": "2015-06-01T19:17:54Z",
      "toBeDeleted": false,
      "weekdays": [
        {
          "day": 0,
          "offset": 1
        },
        {
          "day": 3,
          "offset": 1
        }
      ]
    },
    "scheduleID": 4
  }
}

要求例 2.

次のパラメータを含むスケジュールの例を次に示します。

  • 繰り返し作成されます(指定した日にちのスケジュールされた間隔で指定した時刻に実行されます)。

  • 開始日以降の毎月 1 日、 10 日、 15 日、 30 日に実行されます。

  • スケジュールされた各日にちの午後 12 : 15 に実行されます。

  • 1 つのボリューム(ボリューム ID = 1 )のみが含まれます。

{
  "method":"CreateSchedule",
    "params":{
      "hours":12,
      "minutes":15,
      "paused":false,
      "recurring":true,
      "scheduleName":"MCASnapshot1",
      "scheduleType":"snapshot",
      "attributes":{
        "frequency":"Days Of Month"
      },
      "scheduleInfo":{
        "volumeID":"1"
      },
      "weekdays":[
      ],
      "monthdays":[
        1,
        10,
        15,
        30
      ],
      "startingDate":"2015-04-02T18:03:15Z"
    },
    "id":1
}

応答例 2

上記の要求に対する応答例を次に示します。

{
  "id": 1,
  "result": {
    "schedule": {
      "attributes": {
        "frequency": "Days Of Month"
      },
      "hasError": false,
      "hours": 12,
      "lastRunStatus": "Success",
      "lastRunTimeStarted": null,
      "minutes": 15,
      "monthdays": [
        1,
        10,
        15,
        30
      ],
      "paused": false,
      "recurring": true,
      "runNextInterval": false,
      "scheduleID": 5,
      "scheduleInfo": {
        "volumeID": "1"
      },
      "scheduleName": "MCASnapshot1",
      "scheduleType": "Snapshot",
      "startingDate": "2015-04-02T18:03:15Z",
      "toBeDeleted": false,
      "weekdays": []
    },
      "scheduleID": 5
  }
}

要求例 3

次のパラメータを含むスケジュールの例を次に示します。

  • 2015 年 4 月 2 日にスケジュールされた間隔で 5 分以内に開始されます。

  • 繰り返し作成されます(指定した日にちのスケジュールされた間隔で指定した時刻に実行されます)。

  • 開始日以降の毎月 2 日、 3 日、 4 日に実行されます。

  • スケジュールされた各日にちの午後 14 : 45 に実行されます。

  • ボリュームのグループが含まれています(ボリューム 1 および 2 )。

{
  "method":"CreateSchedule",
  "params":{
    "hours":14,
    "minutes":45,
    "paused":false,
    "recurring":true,
    "scheduleName":"MCASnapUser1",
    "scheduleType":"snapshot",
    "attributes":{
      "frequency":"Days Of Month"
    },
    "scheduleInfo":{
      "volumes":[1,2]
    },
    "weekdays":[],
    "monthdays":[2,3,4],
    "startingDate":"2015-04-02T20:38:23Z"
  },
  "id":1
}

応答例 3

上記の要求に対する応答例を次に示します。

{
  "id": 1,
  "result": {
    "schedule": {
      "attributes": {
        "frequency": "Days Of Month"
      },
      "hasError": false,
      "hours": 14,
      "lastRunStatus": "Success",
      "lastRunTimeStarted": null,
      "minutes": 45,
      "monthdays": [
        2,
        3,
        4
      ],
      "paused": false,
      "recurring": true,
      "runNextInterval": false,
      "scheduleID": 6,
      "scheduleInfo": {
        "volumes": [
          1,
          2
        ]
      },
      "scheduleName": "MCASnapUser1",
      "scheduleType": "Snapshot",
      "startingDate": "2015-04-02T20:38:23Z",
      "toBeDeleted": false,
      "weekdays": []
    },
    "scheduleID": 6
  }
}

新規導入バージョン

9.6