日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CreateVolume を使用します

寄稿者 netapp-mwallis amgrissino

CreateVolume メソッドを使用すると、クラスタ上に新しい空のボリュームを作成できます。ボリュームが作成されるとすぐに、そのボリュームを iSCSI 経由で接続できます。

QoS 値を指定せずに作成したボリュームには、デフォルト値が使用されます。GetDefaultQoS メソッドを使用すると、ボリュームのデフォルト値を表示できます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

「 access 」をクリックします

ボリュームのアクセスモード。このパラメータを指定した場合、サポートされる値は「 SnapMirrorTarget 」のみです。

文字列

なし

いいえ

「 accountID` 」

このボリュームを所有するアカウントの ID 。

整数

なし

はい。

「 associateWithQoSPolicy 」と入力します

指定した QoS ポリシーにボリュームを関連付けます。有効な値は次のとおり

  • true : QoSPolicy パラメータで指定された QoS ポリシーにボリュームを関連付けます。

  • false : QoSPolicy パラメータで指定された QoS ポリシーにボリュームを関連付けないでください。false の場合、 QoSPolicy パラメータで QoS ポリシーを指定したかどうかに関係なく、既存のポリシーの関連付けが削除されます。

ブール値

正しいです

いいえ

「 attributes 」

JSON オブジェクト形式の名前と値のペアのリスト。属性の合計サイズは、 JSON 形式の文字を含めて、 1000 B 未満または 1KB 未満にする必要があります。

JSON オブジェクト

なし

いいえ

enable512e

512 バイトのセクターエミュレーションを有効にします。有効な値は次のとおり

  • 「真」:ボリュームは 512 バイトのセクターエミュレーションを提供します。

  • false` : 512e エミュレーションは有効になっていません。

ブール値

なし

はい。

「 enableSnapMirrorReplication 」と入力します

ボリュームを SnapMirror エンドポイントでのレプリケーションに使用できるかどうかを指定します。有効な値は次のとおり

  • 「真」

  • 「偽」

ブール値

いいえ

いいえ

「 50 サイズ」

ボリュームでサポートされる FIFO ( First-In First-Out )スナップショットの最大数を指定します。FIFO スナップショットと非 FIFO スナップショットはどちらも、ボリューム上で使用可能なスナップショットスロットの同じプールを使用することに注意してください。このオプションを使用して、使用可能なスナップショットスロットの FIFO スナップショットの消費を制限します。省略した場合、デフォルト値は 24 です。

整数

24

いいえ

「 inFifoSize 」のように表示されます

ボリュームによって予約された FIFO ( First-In First-Out )スナップショットスロットの最小数を指定します。これにより、 FIFO 以外のスナップショットが意図せずに FIFO スロットを過剰に消費しないボリュームで FIFO スナップショットと非 FIFO スナップショットの両方を使用する場合に、保証されます。また、少なくともこの多くの FIFO スナップショットが常に利用可能であることを保証します。FIFO と非 FIFO のスナップショットは同じプールを共有するため、「 m inFifoSize 」は、可能な非 FIFO スナップショットの合計数を同じ量だけ減らします。省略した場合、デフォルト値は 0 です。

整数

0

いいえ

「 name 」

ボリュームアクセスグループの名前(ユーザが指定可能)。固有である必要はありませんが、一意にすることを推奨します1~64 文字で指定します。

文字列

なし

はい。

「 qos 」と入力します

このボリュームの初期 QoS 設定。指定しない場合はデフォルト値が使用されます。有効な値は次のとおり

  • 「 IOPS 」

  • 「最大軸 IOPS 」

  • 「 burstIOPS 」

QoS オブジェクト

なし

いいえ

「 qosPolicyID 」

指定したボリュームに適用する QoS 設定が定義されたポリシーの ID 。このパラメータは 'qos' パラメータと同時に指定することはできません

整数

なし

いいえ

合計サイズ

ボリュームの合計サイズ(バイト)。サイズは最も近い MB 単位に切り上げられます。

整数

なし

はい。

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前

説明

を入力します

ボリューム

作成されたボリュームの情報を含むオブジェクト。

ボリューム ID

作成されたボリュームの ID 。

整数

カーブ( Curve )

curve は一連のキーと値のペアです。キーはバイト単位の I/O サイズです。値は、特定の I/O サイズで IOP を実行する際のコストを表します。curve は、 100 IOPS での 4 、 096 バイトの処理セットと比較して計算されます。

JSON オブジェクト

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "CreateVolume",
   "params": {
      "name": "mysqldata",
      "accountID": 1,
      "totalSize": 107374182400,
      "enable512e": false,
      "attributes": {
         "name1": "value1",
         "name2": "value2",
         "name3": "value3"
      },
      "qos": {
         "minIOPS": 50,
         "maxIOPS": 500,
         "burstIOPS": 1500,
         "burstTime": 60
      }
   },
   "id": 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
    "id": 1,
    "result": {
        "curve": {
            "4096": 100,
            "8192": 160,
            "16384": 270,
            "32768": 500,
            "65536": 1000,
            "131072": 1950,
            "262144": 3900,
            "524288": 7600,
            "1048576": 15000
        },
        "volume": {
            "access": "readWrite",
            "accountID": 1,
            "attributes": {
                "name1": "value1",
                "name2": "value2",
                "name3": "value3"
            },
            "blockSize": 4096,
            "createTime": "2016-03-31T22:20:22Z",
            "deleteTime": "",
            "enable512e": false,
            "iqn": "iqn.2010-01.com.solidfire:mysqldata.677",
            "name": "mysqldata",
            "purgeTime": "",
            "qos": {
                "burstIOPS": 1500,
                "burstTime": 60,
                "curve": {
                    "4096": 100,
                    "8192": 160,
                    "16384": 270,
                    "32768": 500,
                    "65536": 1000,
                    "131072": 1950,
                    "262144": 3900,
                    "524288": 7600,
                    "1048576": 15000
                },
                "maxIOPS": 500,
                "minIOPS": 50
            },
            "scsiEUIDeviceID": "6a796179000002a5f47acc0100000000",
            "scsiNAADeviceID": "6f47acc1000000006a796179000002a5",
            "sliceCount": 0,
            "status": "active",
            "totalSize": 107374182400,
            "virtualVolumeID": null,
            "volumeAccessGroups": [],
            "volumeID": 677,
            "volumePairs": []
        },
        "volumeID": 677
    }
}

新規導入バージョン

9.6

詳細については、こちらをご覧ください