日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

GetDriveConfig が実装されました

寄稿者 netapp-mwallis

GetDriveConfig メソッドを使用すると ' 予測されるスライスドライブとブロックドライブの数 ' およびノードに現在接続されているスライスドライブとブロックドライブの数に関するドライブ情報を取得できます

パラメータ

このメソッドには入力パラメータはありません。

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 を入力します

driveConfig

ノードに接続されているドライブの情報。

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "GetDriveConfig",
   "params": {},
   "id" : 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。戻り値の分量が多いため、この応答に含まれる情報は 1 つのストレージノードの 1 ドライブ分のみです。

{
	"id": 1,
	"result": {
			"driveConfig": {
					"drives": [
						{
							"canonicalName": "sda",
							"connected": true,
							"dev": 2052,
							"devPath": "/dev/sdimm0p4",
							"driveType": "Slice",
							"name": "scsi-SATA_VRFSD3400GNCVMT205581853-part4",
							"path": "/dev/sda4",
							"pathLink": "/dev/sdimm0p4",
							"product": "VRFSD3400GNCVMTKS1",
							"scsiCompatId": "scsi-SATA_VRFSD3400GNCVMT205581853-part4",
							"scsiState": "Running",
							"securityAtMaximum": false,
							"securityEnabled": false,
							"securityFrozen": true,
							"securityLocked": false,
							"securitySupported": true,
							"serial": "205581853",
							"size": 299988156416,
							"slot": -1,
							"uuid": "9d4b198b-5ff9-4f7c-04fc-3bc4e2f38974",
							"vendor": "Viking",
							"version": "612ABBF0"
						}
					],
					"numBlockActual": 10,
					"numBlockExpected": 10,
					"numSliceActual": 1,
					"numSliceExpected": 1,
					"numTotalActual": 11,
					"numTotalExpected": 11
			}
	}
}