日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ListActiveVolumes の場合

寄稿者 netapp-mwallis

ListActiveVolumes メソッドを使用すると、現在システムにあるアクティブなボリュームのリストを取得できます。ボリュームのリストは、ボリューム ID 順にソートされます。複数のパート(ページ)に分けて取得することもできます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

includeVirtualVolumes などです

デフォルトでは仮想ボリュームは応答に含まれます。仮想ボリュームを除外するには、 false に設定します。

ブール値

正しいです

いいえ

startVolumeID

返される最初のボリューム ID 。この ID のボリュームが存在しない場合は、 ID 順で次に位置するボリュームがリストの先頭として使用されます。リストをページングするには、前の応答の最後のボリュームに「 1 」を加えたボリューム ID を渡します。

整数

0

いいえ

制限( Limit )

返されるボリューム情報オブジェクトの最大数。0 (ゼロ)はすべてのボリュームを返します(無制限)。

整数

無制限

いいえ

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前

説明

を入力します

個のボリューム

アクティブなボリュームのリスト。

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "ListActiveVolumes",
   "params": {
      "startVolumeID"  : 0,
      "limit" : 1000
   },
   "id" : 1
}

応答例

この応答例は分量が多いため、補足のトピックに記載しています。

新規導入バージョン

9.6