日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

RollbackToSnapshot

寄稿者 netapp-mwallis

「 RollbackToSnapshot 」メソッドを使用すると、アクティブボリュームイメージの既存のスナップショットを作成できます。このメソッドは、既存の Snapshot から新しい Snapshot を作成します。

新しい Snapshot がアクティブになり、既存の Snapshot は手動で削除するまで保持されます。saveCurrentState パラメータを true に設定しないかぎり、以前にアクティブだった Snapshot は削除されます。

  • cluster_Full*

注記 Snapshot を作成できるのは、クラスタフルが「ステージ 1 」、「ステージ 2 」、または「ステージ 3 」の場合です。ステージが 4 または 5 に達すると、 Snapshot を作成できなくなります。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

ボリューム ID

ボリュームの ID 。

整数

なし

はい。

属性( Attributes )

JSON オブジェクト形式の名前と値のペアのリスト。

JSON 属性

なし

いいえ

名前

Snapshot の名前。名前を指定しない場合、ロールバックされる Snapshot の名前の末尾に「 - copy 」が追加されます。

文字列

なし

いいえ

Snapshot ID

指定したボリュームで以前に作成された Snapshot の ID 。

整数

なし

はい。

saveCurrentState

以前のアクティブボリュームイメージを保存するかどうかを指定します。有効な値:

  • true :以前のアクティブボリュームイメージは保持されます。

  • false :以前のアクティブボリュームイメージは削除されます。

ブール値

いいえ

いいえ

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前

説明

を入力します

チェックサム

格納された Snapshot のデータを表す短い文字列。

文字列

Snapshot ID

saveCurrentState が false に設定されている場合、この値は null です。

saveCurrentState が true に設定された場合、新しく作成された Snapshot の一意の ID 。

整数

スナップショット

saveCurrentState が false に設定されている場合、この値は null です。

saveCurrentState が true に設定されている場合、新しく作成された Snapshot に関する情報を含むオブジェクト。

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
 "method": "RollbackToSnapshot",
 "params": {
    "volumeID": 1,
    "snapshotID": 3114,
    "saveCurrentState": true
  },
  "id": 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id": 1,
  "result": {
    "checksum": "0x0",
    "snapshot": {
      "attributes": {},
      "checksum": "0x0",
      "createTime": "2016-04-04T17:27:32Z",
      "enableRemoteReplication": false,
      "expirationReason": "None",
      "expirationTime": null,
      "groupID": 0,
      "groupSnapshotUUID": "00000000-0000-0000-0000-000000000000",
      "name": "test1-copy",
      "snapshotID": 1,
      "snapshotUUID": "30d7e3fe-0570-4d94-a8d5-3cc8097a6bfb",
      "status": "done",
      "totalSize": 5000658944,
      "virtualVolumeID": null,
      "volumeID": 1
    },
    "snapshotID": 1
  }
}

新規導入バージョン

9.6