日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

virtualVolume

寄稿者 netapp-mwallis amgrissino

virtualVolume オブジェクトには、仮想ボリュームの情報と仮想ボリュームの Snapshot の情報が含まれます。稼働情報や使用状況に関する情報は含まれません。ListVirtualVolumes メソッドを使用すると、クラスタのこの情報を取得できます。

オブジェクトメンバー

このオブジェクトのメンバーは次のとおりです。

名前 説明 を入力します

バインド

この仮想ボリュームのバインド ID のリスト。

UUID の配列

子供

この仮想ボリュームの子である仮想ボリューム UUID のリスト。

UUID の配列

子孫

ListVirtualVolumes メソッドに recursive : true を渡すと、この仮想ボリュームの子である仮想ボリューム UUID のリストを含みます。

UUID の配列

メタデータ

仮想ボリュームタイプやゲスト OS タイプなど、仮想ボリュームメタデータのキーと値のペア。

JSON オブジェクト

parentVirtualVolumeID を指定します

親仮想ボリュームの仮想ボリューム ID 。ID がすべてゼロの場合は、親へのリンクのない独立した仮想ボリュームです。

UUID

Snapshot ID

基盤となるボリューム Snapshot の ID 。仮想ボリュームが Snapshot でない場合、この値は「 0 」です。

整数

Snapshot 情報

関連する Snapshot の Snapshot オブジェクト(存在しない場合は null )。

ステータス

仮想ボリュームの現在のステータス。有効な値は次のとおり

  • cloning :仮想ボリュームはクローンまたは Snapshot の処理に応じて処理されています。

  • waiting :仮想ボリュームは Snapshot 処理が完了するのを待機しています。

  • ready :仮想ボリュームは通常の用途で使用可能です。

文字列

ストレージコンテナ

この仮想ボリュームを所有するストレージコンテナの詳細を示すオブジェクト。

virtualVolumeID

仮想ボリュームの一意の ID 。

UUID

virtualVolumeType

仮想ボリュームのタイプ。

文字列

ボリューム ID

基盤となるボリュームの ID 。

整数

ボリューム情報

ListVirtualVolumes メソッドに details : true を渡すと、このメンバーはボリュームの詳細を示します。