日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームペア

寄稿者 netapp-mwallis amgrissino

volumePair オブジェクトには、異なるクラスタ上の別のボリュームとペアリングされているボリュームの情報が含まれます。ボリュームがペアリングされていない場合、このオブジェクトは空になります。「 ListActivePairedVolumes 」メソッドと「 ListActiveVolumes 」 API メソッドを使用すると、ペアリングされているボリュームに関する情報を取得できます。

オブジェクトメンバー

このオブジェクトのメンバーは次のとおりです。

名前 説明 を入力します

clusterPairID

ボリュームがペアリングされているクラスタ。

整数

remoteReplication の 2 つの機能

ボリュームレプリケーションの詳細。メンバー

  • mode :(文字列)「 Async 」、「 Sync 」、または「 SnapshotsOnly 」のいずれか。

  • pauseLimit :(整数)内部使用のみ。

  • remoteServiceID :(整数)リモートスライスサービス ID 。

  • resumeDetails :(文字列)再利用のために予約済み。

  • snapshotReplication ( JSON オブジェクト)

    • state :(文字列) Snapshot レプリケーションを実行中の場合は、その状態。

    • stateDetails :(文字列)再利用のために予約済み。

  • state :(文字列)ボリュームレプリケーションの状態。

  • stateDetails :(文字列)再利用のために予約済み。

JSON オブジェクト

remoteSliceID の指定

リモートクラスタ上でクラスタに定義されたスライス ID 。

整数

リモートボリューム ID

ローカルボリュームとペアリングされるリモートクラスタのボリューム ID 。

整数

リモートボリューム名

リモートボリュームの名前。

文字列

volumePairUUID

このペアリング用に基準形式でクラスタ定義された UUID 。

文字列

詳細については、こちらをご覧ください