日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

H410S ノードを交換します

寄稿者

CPU 障害、ラジアンカードの問題、その他のマザーボードの問題、または電源が入らない場合は、ストレージノードを交換する必要があります。この手順は H410S ストレージノードに適用されます。

ストレージノードで障害が発生すると、 NetApp Element ソフトウェア UI のアラームで警告されます。Element UI を使用して、障害が発生したノードのシリアル番号(サービスタグ)を確認する必要があります。この情報は、クラスタ内で障害が発生したノードを特定する際に必要になります。

4 つのストレージノードを備えた 2 ラックユニット( 2U )の 4 ノードシャーシの背面を以下に示します。

この図は、 4 台のストレージノードを備えた 4 ノードシャーシを示しています。

H410S ノードが設置された 4 ノードシャーシの前面図と各ノードに対応するベイを示します。

は、 H410S ノードが設置された 4 ノードシャーシの各ノードに関連付けられたベイを示しています。
必要なもの
  • ストレージノードに障害が発生し、交換が必要であることを確認しておきます。

  • 交換用ストレージノードを入手します。

  • 静電放電( ESD )リストバンドを装着するか、静電気防止処置を行っておきます。

  • ストレージノードに接続された各ケーブルにラベルを付けておきます。

手順の概要は次のとおりです。

ノードを交換する準備をします

交換用ノードを設置する前に、 NetApp Element ソフトウェア UI で障害が発生したストレージノードをクラスタから正しく削除する必要があります。これは、サービスを中断することなく実行できます。障害が発生したストレージノードのシリアル番号を Element UI から取得し、ノード背面のステッカーに記載されているシリアル番号と照合する必要があります。

手順
  1. Element UI で、 * Cluster * > * Drives * を選択します。

  2. 次のいずれかの方法でノードからドライブを削除します。

    オプション 手順

    個々のドライブを削除する場合

    1. 削除するドライブの * アクション * をクリックします。

    2. [ 削除( Remove ) ] をクリックします。

    複数のドライブを削除する

    1. 削除するドライブをすべて選択し、 * Bulk Actions * をクリックします。

    2. [ 削除( Remove ) ] をクリックします。

  3. [* Cluster*>* Nodes] を選択します。

  4. 障害が発生したノードのシリアル番号(サービスタグ)をメモします。これは、ノード背面のステッカーに記載されているシリアル番号と一致している必要があります。

  5. シリアル番号をメモしたら、次の手順でクラスタからノードを削除します。

    1. 削除するノードの * Actions * ボタンを選択します。

    2. 「 * 削除」を選択します。

シャーシ内のノードを交換します

NetApp Element ソフトウェア UI を使用して障害ノードをクラスタから削除すると、ノードをシャーシから物理的に取り外すことができます。交換用ノードは、障害ノードを取り外したシャーシの同じスロットに取り付ける必要があります。

手順
  1. 作業を進める前に静電気防止処置を施します。

  2. 新しいストレージノードを開封し、シャーシの近くの平らな場所に置きます。

    障害が発生したノードをネットアップに返却するときは、梱包材を保管しておいてください。

  3. 取り外すストレージノードの背面に挿入されている各ケーブルにラベルを付けます。

    新しいストレージノードを設置したら、元のポートにケーブルを接続する必要があります。

    ストレージノードの背面を示す図を次に示します。

    この図は、ストレージノードのケーブル配線を示しています。
    ポート 詳細

    ポート A

    1 / 10GbE RJ45 ポート

    ポート b

    1 / 10GbE RJ45 ポート

    ポート c

    10 / 25GbE SFP+ または SFP28 ポート

    ポート d

    10 / 25GbE SFP+ または SFP28 ポート

    IPMI

    1 / 10GbE RJ45 ポート

  4. ストレージノードからすべてのケーブルを外します。

  5. ノードの右側にあるカムハンドルを下に引き、両方のカムハンドルを使用してノードを引き出します。

    プルダウンしたカムハンドルには矢印が付いており、その方向が示されます。もう一方のカムハンドルは動かず、ノードを引き出せるようになっています。

    この図では
    項目 説明

    1.

    ノードを引き出すときに役立つ CAM ハンドル。

    2.

    ノードを引き出す前にプルダウンする CAM ハンドル。

    注記 シャーシからノードを引き出すときは、両手でノードを支えてください。
  6. ノードをレベルサーフェスに配置します。

    ノードをパッケージ化してネットアップに返却する必要があります。

  7. 交換用ノードをシャーシの同じスロットに取り付けます。

    重要 ノードをシャーシに挿入する際に力を入れすぎないように注意してください。
  8. 取り外したノードからドライブを移動し、新しいノードに挿入します。

  9. 元々ケーブルを外したポートにケーブルを再接続します。

    ケーブルを外したときに付けたラベルは、ガイドとして役立ちます。

    注記
    1. シャーシ背面の通気口がケーブルやラベルで塞がれていると、過熱によってコンポーネントで早期に障害が発生する可能性があります。

    2. ケーブルをポートに無理に押し込まないでください。ケーブル、ポート、またはその両方が破損する可能性があります。

    ヒント 交換用ノードがシャーシ内の他のノードと同じ方法でケーブル接続されていることを確認します。
  10. ノード前面のボタンを押して電源をオンにします。

クラスタにノードを追加します

クラスタにノードを追加したり、既存のノードに新しいドライブを設置すると、ドライブが自動的に Available として登録されます。ドライブがクラスタに参加できるようにするためには、 Element UI または API を使用してドライブをクラスタに追加する必要があります。

クラスタ内の各ノードは、互換性のあるソフトウェアバージョンを実行している必要があります。クラスタにノードを追加すると、必要に応じて新しいノードに Element ソフトウェアのクラスタバージョンがインストールされます。

手順
  1. [* Cluster*>* Nodes] を選択します。

  2. 「 * Pending * 」を選択して、保留中のノードのリストを表示します。

  3. 次のいずれかを実行します。

    • 個々のノードを追加するには、追加するノードの * Actions * アイコンを選択します。

    • 複数のノードを追加するには、追加するノードのチェックボックスをオンにし、 * Bulk Actions * を実行します。

      注記 追加するノードの Element ソフトウェアのバージョンがクラスタで実行されているバージョンと異なる場合は、クラスタマスターで実行されている Element ソフトウェアのバージョンに非同期的に更新されます。更新されたノードは、自動的にクラスタに追加されます。この非同期プロセスの間 ' ノードの状態は pendingActive になります
  4. 「 * 追加」を選択します。

    ノードがアクティブノードのリストに表示されます。

  5. Element UI で、 * Cluster * > * Drives * を選択します。

  6. 使用可能なドライブのリストを表示するには、「 * Available * 」を選択します。

  7. 次のいずれかを実行します。

    • ドライブを個別に追加するには、追加するドライブの * Actions * アイコンを選択し、 * Add * を選択します。

    • 複数のドライブを追加するには、追加するドライブのチェックボックスを選択し、 * Bulk Actions * を選択し、 * Add * を選択します。