日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

シャーシを交換します

寄稿者

ファン、 CPU 、または Dual Inline Memory Module ( DIMM )に障害が発生した場合や、過熱やブートプロセスの問題を解決する場合には、シャーシの交換が必要になることがあります。NetApp Element ソフトウェアユーザインターフェイス( UI )のクラスタ障害や、シャーシの前面ランプの黄色の点滅は、シャーシの交換が必要な可能性があることを示しています。続行する前にネットアップサポートにお問い合わせください。

必要なもの
  • ネットアップサポートに問い合わせます。

    交換用製品を注文する場合は、ネットアップサポートでケースをオープンする必要があります。

  • 交換用シャーシを入手します。

  • 静電放電( ESD )リストバンドを装着するか、静電気防止処置を行っておきます。

  • Return to Factory Image ( RTFI )プロセスを実行する必要がある場合は、 USB キーを取得します。

    ネットアップサポートでは、 RTFI が必要かどうかの判断をサポートします。を参照してください "この技術情報アーティクル(ログインが必要)"

  • キーボードとモニタを用意します。

このドキュメントの手順は、次のいずれかのノードを搭載した 1 ラックユニット( 1U )シャーシを使用する場合に該当します。

  • SF2405 のように指定する

  • SF3010

  • SF4805 の場合

  • SF6010

  • SF9605

  • SF9608

  • SF9010

  • SF19210 のサポート

  • SF38410

  • SF-FCN-01

  • FC0025

手順
  1. 障害が発生したシャーシのサービスタグを確認し、交換用シャーシを注文したときにネットアップサポートで登録したケースの番号とシリアル番号が一致していることを確認します。

    サービスタグは、シャーシの前面から確認できます。

    次の図は、サービスタグの例です。

    この図は、 SolidFire シャーシのサービスタグを示しています。
    注記 上の図は一例です。ハードウェアモデルによっては、サービスタグの正確な位置が異なる場合があります。
  2. キーボードとモニタを障害が発生したシャーシの背面に接続します。

  3. シャーシの情報をネットアップサポートに確認します。

  4. シャーシの電源を切ります。

  5. シャーシ前面のドライブと背面のケーブルにラベルを付けます。

    注記 Fibre Channel ノードの前面にはドライブがありません。
  6. 電源装置とケーブルを取り外します。

  7. ドライブを慎重に取り外し、静電気防止処置を施した平らな場所に置きます。

    注記 Fibre Channel ノードがある場合は、この手順を省略できます。
  8. ハードウェアモデルに応じて、ラッチを押すか、蝶ネジを緩めてシャーシを取り外します。

    障害が発生したシャーシは、梱包してネットアップに返送してください。

  9. * オプション * :レールを取り外し、交換用シャーシに同梱されていた新しいレールを取り付けます。

    既存のレールを再利用することもできます。既存のレールを再利用する場合は、この手順を省略できます。

  10. 交換用シャーシをレールにスライドさせます。

  11. ストレージノードの場合は、障害が発生したシャーシからドライブを交換用シャーシに挿入します。

    注記 ドライブは、障害が発生したシャーシと同じスロットに挿入する必要があります。
  12. 電源装置を取り付けます。

  13. 電源装置のケーブル、および 1GbE ケーブルと 10GbE ケーブルを元のポートに差し込みます。

    交換用シャーシの 10GbE ポートに、 Small Form-Factor Pluggable ( SFP )トランシーバが差し込まれている場合があります。10GbE ポートにケーブルを接続する前に、これらを取り外す必要があります。

  14. ノードで RTFI プロセスを実行する必要がないと判断した場合は、ノードをブートし、ターミナルユーザインターフェイス( TUI )が表示されるまで待ちます。手順 16 に進み、 UI を使用してノードを追加したときに、クラスタがノードを自動的に再イメージ化できるようにします。

  15. * オプション * :ネットアップサポートで USB キーによるノードの再更新が推奨されている場合は、次の手順を実行します。

    1. シャーシの電源をオンにします。RTFI キーのイメージでブートします。

    2. 最初のプロンプトで「 * Y * 」と入力して、ストレージノードを更新します。

    3. 2 番目のプロンプトで、ハードウェアの健全性チェックに「 * N * 」と入力します。

      RTFI スクリプトによってハードウェアコンポーネントの問題が検出されると、コンソールにエラーが表示されます。エラーが表示された場合は、ネットアップサポートにお問い合わせください。RTFI プロセスが完了すると、ノードはシャットダウンします。

    4. USB スロットから USB キーを取り外します。

    5. 新たに更新されたノードをブートし、 TUI が表示されるまで待ちます。

  16. TUI からネットワークとクラスタの情報を設定します。

    ネットアップサポートにお問い合わせください。

  17. クラスタの TUI を使用して、新しいノードをクラスタに追加します。

  18. 障害が発生したシャーシを梱包して返送します。