日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Element ソフトウェアを実行するクラスタのスイッチ設定

寄稿者 amgrissino

NetApp Element ソフトウェアシステムには、スイッチに関する要件と、ストレージパフォーマンスを最適化するためのベストプラクティスがあります。

ストレージノードには、ノードのハードウェアに応じて、 10GbE または 25GbE のいずれかのイーサネットスイッチが必要です。これらは、 iSCSI ストレージサービスおよびノードのクラスタ内サービスの通信に使用されます。次のタイプのトラフィックには 1GbE スイッチを使用できます。

  • クラスタとノードの管理

  • クラスタ内のノード間の管理トラフィック

  • クラスタノードと管理ノード仮想マシンの間のトラフィック

  • ベストプラクティス:クラスタトラフィックに使用するイーサネットスイッチを設定する際には、次のベストプラクティスに従う必要があります。

  • クラスタ内の非ストレージトラフィックには、高可用性と負荷分散を実現するために 1GbE スイッチのペアを配置します。

  • ストレージネットワークスイッチでは、スイッチをペアにして配置し、ジャンボフレーム( MTU サイズ =9216 バイト)を設定して利用します。これにより、インストールが正常に完了し、パケットの断片化によるストレージネットワークエラーが解消されます。