日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

仮想ボリュームの詳細を表示します

寄稿者 amgrissino

Element UI では、クラスタ上のすべてのアクティブな仮想ボリュームに関する情報を確認できます。入力、出力、スループット、レイテンシなど、各仮想ボリュームのパフォーマンスアクティビティを表示することもできます。 キュー深度とボリューム情報。

必要なもの
  • クラスタの Element UI で VVol 機能を有効にしておく必要があります。

  • 関連付けられたストレージコンテナを作成しておく必要があります。

  • Element ソフトウェアの VVol 機能を使用するように vSphere クラスタを設定しておく必要があります。

  • vSphere で少なくとも 1 つの VM を作成しておく必要があります。

手順
  1. 「 * VVOLs * > * Virtual Volumes 」をクリックします。

    すべてのアクティブな仮想ボリュームに関する情報が表示されます。

  2. 確認する仮想ボリュームの * Actions * アイコンをクリックします。

  3. 表示されたメニューで、「 * 詳細を表示 * 」を選択します。

詳細

VVol タブの Virtual Volumes ページには、ボリューム ID 、 Snapshot ID 、親仮想ボリューム ID 、仮想ボリューム ID など、クラスタ上の各アクティブな仮想ボリュームに関する情報が表示されます。

  • * Volume ID * :基盤となるボリュームの ID 。

  • * Snapshot ID * :基盤となるボリューム Snapshot の ID 。仮想ボリュームが SolidFire Snapshot を表していない場合、値は 0 です。

  • * 親仮想ボリューム ID * :親仮想ボリュームの仮想ボリューム ID 。この ID がゼロの場合、仮想ボリュームは独立しており、親へのリンクはありません。

  • * Virtual Volume ID * :仮想ボリュームの UUID 。

  • * 名前 * :仮想ボリュームに割り当てられた名前。

  • * ストレージコンテナ * :仮想ボリュームを所有するストレージコンテナ。

  • * Guest OS Type * :仮想ボリュームに関連付けられたオペレーティングシステム。

  • * 仮想ボリュームタイプ * :仮想ボリュームのタイプ。構成、データ、メモリ、スワップ、またはその他。

  • * Access * :仮想ボリュームに割り当てられた読み取り / 書き込み権限。

  • * サイズ * :仮想ボリュームのサイズ( GB または GiB 単位)。

  • * Snapshots * :関連付けられている Snapshot の数。番号をクリックすると、 Snapshot の詳細が表示されます。

  • * Min IOPS * :仮想ボリュームの QoS 設定。最小 IOPS 。

  • * Max IOPS * :仮想ボリュームの QoS 設定。最大 IOPS 。

  • * Burst IOPS * :仮想ボリュームの QoS 設定。最大バースト IOPS 。

  • * VMW_VMID * :「 VMW_ 」で始まるフィールド内の情報は、 VMware によって定義されます。

  • * 作成時間 * :仮想ボリュームの作成タスクが完了した時間。

個々の仮想ボリュームの詳細

vVol タブの仮想ボリュームページでは、個々の仮想ボリュームを選択してその詳細を表示すると、次の仮想ボリューム情報が表示されます。

  • * VMW_XXX * :「 VMW_ 」で始まるフィールド内の情報は、 VMware によって定義されます。

  • * 親仮想ボリューム ID * :親仮想ボリュームの仮想ボリューム ID 。この ID がゼロの場合、仮想ボリュームは独立しており、親へのリンクはありません。

  • * Virtual Volume ID * :仮想ボリュームの UUID 。

  • * 仮想ボリュームタイプ * :仮想ボリュームのタイプ。構成、データ、メモリ、スワップ、またはその他。

  • * Volume ID * :基盤となるボリュームの ID 。

  • * Access * :仮想ボリュームに割り当てられた読み取り / 書き込み権限。

  • * Account Name * :ボリュームを含むアカウントの名前。

  • * アクセスグループ * :関連付けられているボリュームアクセスグループ。

  • * 合計ボリュームサイズ * :プロビジョニング済み容量の合計(バイト)。

  • * ゼロ以外のブロック * :前回のガベージコレクション完了後、データが含まれる 4KiB ブロックの総数。

  • * ゼロブロック * :前回のガベージコレクション完了後、データが含まれない 4KiB ブロックの総数。

  • * Snapshots * :関連付けられている Snapshot の数。番号をクリックすると、 Snapshot の詳細が表示されます。

  • * Min IOPS * :仮想ボリュームの QoS 設定。最小 IOPS 。

  • * Max IOPS * :仮想ボリュームの QoS 設定。最大 IOPS 。

  • * Burst IOPS * :仮想ボリュームの QoS 設定。最大バースト IOPS 。

  • * Enable 512 * :仮想ボリュームは常に 512 バイトのブロックサイズのエミュレーションを使用するため、値は常に yes です。

  • * ボリュームがペアリングされている * :ボリュームがペアリングされているかどうかを示します。

  • * 作成時間 * :仮想ボリュームの作成タスクが完了した時間。

  • * Blocks Size * :ボリューム上のブロックのサイズ。

  • * アラインされていない書き込み * : 512e ボリュームの場合、 4k セクターの境界に沿っていない書き込み処理の数。アラインされていない書き込みが多数ある場合は、パーティションのアライメントが適切でない可能性

  • * アラインされていない読み取り * : 512e ボリュームの場合、 4k セクターの境界に沿っていない読み取り処理の数。アラインされていない読み取りが多数ある場合は、パーティションのアライメントが適切でない可能性

  • * SCSI EUI Device ID * : EUI-64 ベースの 16 バイト形式で、ボリュームに割り当てられたグローバル一意の SCSI デバイス ID 。

  • scsiNAADeviceID: NAA IEEE Registered Extended フォーマットでのボリュームのグローバル一意 SCSI デバイス識別子。

  • * Attributes * : JSON オブジェクト形式の名前と値のペアのリスト。