日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームレプリケーションを検証

寄稿者 amgrissino

ボリュームがレプリケートされたら、ソースボリュームとターゲットボリュームがアクティブになっていることを確認する必要があります。状態がアクティブな場合は、ボリュームがペアリングされ、ソースボリュームからターゲットボリュームにデータが送信されて同期されています。

  1. 両方のクラスタから、 * Data Protection * > * Volume Pairs * を選択します。

  2. ボリュームのステータスが Active であることを確認します。

詳細については、こちらをご覧ください