日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NetApp HCI 製品の概要

寄稿者 netapp-dbagwell amgrissino このページの PDF をダウンロード

NetApp HCI は、ストレージ、コンピューティング、ネットワーク、ハイパーバイザーを組み合わせたエンタープライズ規模のハイブリッドクラウドインフラ設計であり、パブリッククラウドとプライベートクラウドにまたがる機能を追加します。

ネットアップの分離型ハイブリッドクラウドインフラは、コンピューティングとストレージを個別に拡張し、保証されたパフォーマンスでワークロードに適応させることができます。

  • ハイブリッドマルチクラウドのニーズに対応

  • コンピューティングとストレージを個別に拡張可能

  • ハイブリッドマルチクラウド全体にわたってデータサービスのオーケストレーションを簡易化

NetApp HCI のコンポーネント

次に、 NetApp HCI 環境のさまざまなコンポーネントについて、その概要を示します。

この図は、 NetApp HCI のさまざまなコンポーネントを示しています 環境
  • NetApp HCI は、ストレージリソースとコンピューティングリソースの両方を提供します。NetApp HCI の導入には、 NetApp Deployment Engine * ウィザードを使用します。導入が完了すると、コンピューティングノードが ESXi ホストとして表示され、 VMware vSphere Web Client で管理できるようになります。

  • * 管理サービス * またはマイクロサービスには、 Active IQ コレクタ、 vCenter Plug-in 向け QoSSIOC 、 mNode サービスが含まれており、サービスバンドルとして頻繁に更新されます。Element 11.3 リリース以降、 * 管理サービス * は管理ノード上でホストされるようになりました。そのため、メジャーリリースを待つことなく、希望するソフトウェアサービスを更新できます。管理ノード * ( mNode )は、 Element ソフトウェアベースの 1 つ以上のストレージクラスタと同時に実行される仮想マシンです。このサービスは、アップグレード後にシステムサービスを提供するために使用されます。これには、監視とテレメトリ、クラスタのアセットと設定の管理、システムテストとユーティリティの実行、トラブルシューティング用のネットアップサポートアクセスの有効化などが含まれます。

    ヒント の詳細を確認してください "管理サービスのリリース"
  • * NetApp Hybrid Cloud Control * を使用すると、 NetApp HCI を管理できます。NetApp SolidFire Active IQ を使用して、管理サービスのアップグレード、システムの拡張、ログの収集、インストール環境の監視を行うことができます。NetApp Hybrid Cloud Control にログインするには、管理ノードの IP アドレスにアクセスします。

  • NetApp Element Plug-in for vCenter Server * ( VCP )は Web ベースのツールで、 vSphere のユーザインターフェイス( UI )に統合されています。このプラグインは、拡張性と使いやすさを備えた VMware vSphere 用のインターフェイスで、 * NetApp Element ソフトウェア * を実行しているストレージ・クラスタの管理と監視を行うことができます。このプラグインは、 Element UI の代わりに使用できます。プラグインのユーザインターフェイスを使用して、クラスタの検出と設定、ストレージの管理と監視が可能なほか、クラスタ容量からストレージを割り当ててデータストアや仮想データストア(仮想ボリュームの場合)を構成できます。クラスタはネットワーク上では 1 つのローカルグループとして認識され、仮想 IP アドレスによってホストと管理者に示されます。また、クラスタのアクティビティを監視して、さまざまな処理の実行中に発生したイベントのエラーメッセージやアラートメッセージなど、リアルタイムで通知を受け取ることができます。

    ヒント の詳細を確認してください "VCP"
  • デフォルトでは、 NetApp HCI はパフォーマンスとアラートの統計を * NetApp SolidFire Active IQ * サービスに送信します。ネットアップサポートは、通常のサポート契約の一環として、このデータを監視し、パフォーマンスのボトルネックや潜在的なシステムの問題をユーザに警告します。このサービスを利用するにはネットアップサポートアカウントが必要です。まだアカウントを作成していない場合(既存の SolidFire Active IQ アカウントがある場合も含む)は作成する必要があります。

    ヒント の詳細を確認してください "NetApp SolidFire Active IQ の略"

NetApp HCI の URL

NetApp HCI で使用する一般的な URL を次に示します。

URL 説明

「ストレージノード上の Bond1G インターフェイスの https://[IPv4 アドレス」

NetApp Deployment Engine ウィザードにアクセスして、 NetApp HCI をインストールおよび設定します。 "詳細はこちら。"

https://[management ノード IP アドレス

NetApp Hybrid Cloud Control にアクセスして、 NetApp HCI のインストール、拡張、監視、管理サービスの更新を行うことができます。 "詳細はこちら。"

「 https://[IP アドレス」: 442`

ノード UI から、ネットワークとクラスタの設定にアクセスし、システムのテストとユーティリティを利用できます。 "詳細はこちら。"

「 https://[management node IP address 」 : 9443

vCenter Plug-in パッケージを vSphere Web Client に登録します。

https://activeiq.solidfire.com`

データを監視し、パフォーマンスのボトルネックや潜在的なシステムの問題に対するアラートを受信します。

「 https://[management node IP address 」 /mnode 」を参照してください

管理ノードから REST API UI を使用して管理サービスを手動で更新します。

https://[storage クラスタ MVIP アドレス '

NetApp Element ソフトウェア UI にアクセスします。

詳細については、こちらをご覧ください