日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NetApp Deployment Engine のアクセスオプションの概要

寄稿者 netapp-mwallis このページの PDF をダウンロード

NetApp HCI を導入するには、いずれかの NetApp H シリーズストレージノード上の NetApp Deployment Engine に、 Bond1G インターフェイスに割り当てられた IPv4 アドレスを使用してアクセスする必要があります。 Bond1G インターフェイスは、ストレージノードのポート A と B を組み合わせた論理インターフェイスです。このストレージノードを使用して導入プロセスを制御します。環境に応じて、 IPv4 アドレスを設定するか、またはいずれかのストレージノードから取得する必要があります。

注記 NetApp Deployment Engine へのアクセスに使用できるのは、ストレージノードの Bond1G インターフェイスのみです。Bond10G インターフェイスを使用して、ストレージノードのポート C とポート D を組み合わせた論理インターフェイスはサポートされていません。

NetApp Deployment Engine にアクセスするには、使用するネットワーク環境に最も近い次の方法のいずれかを使用します。

シナリオ( Scenario ) メソッド

DHCP を使用していない

"DHCP を使用していない環境では、 NetApp Deployment Engine にアクセスします"

環境で DHCP を使用している

"DHCP を使用している環境で NetApp Deployment Engine にアクセスします"

すべての IP アドレスを手動で割り当てる

"NetApp Deployment Engine にアクセスするには、 IP アドレスを手動で割り当ててください"

詳細については、こちらをご覧ください