日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

インベントリの選択とノードの互換性

寄稿者 netapp-mwallis netapp-dbagwell このページの PDF をダウンロード

導入するノードを選択する際、同じ環境で組み合わせ可能なノード構成にはいくつかの制限があります。

ストレージノードの互換性

NetApp HCI では、 SED (自己暗号化ドライブ)および FIPS 140-2 ドライブ暗号化機能を備えたストレージノードとドライブがサポートされます。NetApp HCI を導入または拡張する際 NetApp HCI には異なる暗号化レベルのノードを混在させることができますが、サポートされるのはより基本的な形式の暗号化のみです。たとえば、 FIPS 暗号化対応のストレージノードと SED 暗号化のみをサポートするノードが混在している場合、 SED 暗号化はサポートされますが、 FIPS ドライブ暗号化はサポートされません。

注記 FIPS ドライブ暗号化に対応したストレージノードをストレージクラスタに追加しても、 FIPS ドライブ暗号化機能は自動的には有効になりません。FIPS 対応ノードを含む環境を導入または拡張したら、 FIPS ドライブ暗号化を手動で有効にする必要があります。を参照してください "Element ソフトウェアのドキュメント" 手順については、を参照し

同じ導入環境で互換性を確保するためには、すべてのストレージノードが同じマイナーバージョンの Element ソフトウェアを実行している必要があります。たとえば、 Element 11.3.1 を実行しているストレージノードと Element 11.5 を実行しているストレージノードを混在させることはできません。

注記 ノードのハードウェア構成によっては、 H410S ストレージノードが、 H300S 、 H500S 、または H700S ストレージノードとしてインベントリリストに表示される場合があります。

NetApp HCI では、 2 ノードまたは 3 ノードのストレージクラスタでサポートされるストレージノードのモデルには制限があります。詳細については、ご使用の NetApp HCI バージョンの『リリースノート』を参照してください。

コンピューティングノードの互換性

コンピューティングノードをインベントリとして選択できるためには、ノードが次の要件を満たしている必要があります。

  • VMware vMotion が適切に機能するように、すべてのコンピューティングノードの CPU 世代が一致している必要があります。インベントリからコンピューティングノードを 1 つ選択すると、そのノードとは CPU 世代が異なるノードは選択できなくなります。

  • コンピューティングノードと GPU 対応のコンピューティングノードを同じコンピューティングクラスタ内に混在させることはできません。GPU 対応のコンピューティングノードを選択すると、 CPU のみのコンピューティングノードは選択できなくなります。その逆も同様です。

  • コンピューティングノードで実行されているソフトウェアのバージョンが、導入環境をホストしている NetApp Deployment Engine とメジャーおよびマイナーバージョンの両方で一致している必要があります。一致していない場合は、 RTFI プロセスを使用してコンピューティングノードを再イメージ化する必要があります。手順については、 RTFI に関するネットアップの技術情報アーティクルを参照してください。

  • コンピューティングノードを「 * コンピューティングノード * 」リストで選択できるようにするには、ネットワークトポロジページで選択したケーブル構成がコンピューティングノードに含まれている必要があります。

  • 同じモデルのコンピューティングノードのネットワークケーブル構成は、コンピューティングクラスタ内で同じである必要があります。