日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

H610S BMC 3.84.07 リリースノート

寄稿者 netapp-mwallis amgrissino netapp-dbagwell

ダウンロード可能な BMC 更新には、 NetApp H610S ノードの BMC 機能の拡張機能とバグ修正が含まれています。

新機能

H610S BMC 3.84.07 には、さまざまなバグ修正と新機能が含まれています。このリリースでは、 Field Critical レベルの BMC ファームウェアが後続の Element ソフトウェアリリースおよびストレージファームウェアバンドルリリースよりも先に更新されています。 H610S ノードの BMC ファームウェアも更新されています。

このファームウェアパッケージは、 Element バージョン 11.8 、 12.0 、および 12.2 でサポートされています。H610S BMC ファームウェアはアウトオブバンドで直接アップグレードできます。アップグレード手順については、を参照してください [Upgrading BMC firmware on H610S nodes]

新機能

このリリースで導入された新機能と変更点を次に示します。

  • initrd サポートを有効にしました

  • X.509 証明書に関する SSL ヘルプメッセージを更新

  • TLS 1.0 および 1.1 のサポートを無効にしました

  • Redfish リモートメディアサポートを追加

  • H5Viewer RKVM 機能が追加されました

  • リモート syslog のサポートが追加されました

解決済みの問題

このリリースで解決された問題は次のとおりです。

問題 説明

該当なし

デバッグユーザの sysadmin は、 BMC をリセットしたあとで SSH を使用してログインできます。

該当なし

コンソールを使用して BMC の IP アドレスに ping を実行しても、 BMC は応答しません。

該当なし

AC 電源再投入時のストレステスト中に、 SOLSSH 設定ファイルのアクセス許可が失われます。

CSESF-116

AC 電源再投入時のストレステスト中に、 BMC ログに CPU 温度警告 "PROCHOT" が記録されます。

CSESF-121

サービスアカウントの作成と更新の API に予想よりも時間がかかります。

CSD-3321/CSESF-129

H610S BMC がハングし、「 BMC Self Test Failed 」というエラーでアクセスできなくなることがあります。

CSESF-197

BMC Web UI インベントリ API から正しいメモリシリアル番号の形式が返されません。

既知の問題

このリリースで確認されている既知の問題はありません。

H610S ノードでの BMC ファームウェアのアップグレード

H610S ノードの BMC ファームウェアのバージョンをアップグレードするには、次の手順を実行してください。この手順は、完了までに約 30 分かかることがあります。

必要なもの
  • NetApp Element ソフトウェアの Web UI で * Reporting * > * Alerts * をクリックして、アラートを確認しています。

  • BMC の更新パッケージをダウンロードしておきます。BMC 更新パッケージをダウンロードします "こちらをご覧ください"

注記 このアップデート・パッケージには 'ROM.IMA_enc' ファイルと ' ファームウェア・アップデートに必要なすべてのファイルが含まれています
  • BMC と、更新を実行するために使用するコンピュータが同じネットワーク上にあることを確認しておきます。

  • BMC のアップグレードについて、ネットアップサポートに問い合わせておきます。

手順
  1. Web ブラウザ「 https://<BMC_IP>/#login` 」を使用して BMC コンソールにログインします。「 <BMC_IP> 」は BMC の IP アドレスです。

  2. [* Maintenance (メンテナンス) ] をクリックします

  3. 構成の保持 * をクリックします。

  4. 次の手順を実行します。

    1. 「 * すべてをチェック * 」チェックボックスを無効にします。

    2. IPMI * チェックボックスを有効にします。

    3. 「 * ネットワーク * 」チェックボックスをオンにします。

    4. [Authentication] チェックボックスをオンにします。

      • *IPMI * 設定は、既存のユーザーアカウントを保持するために使用されます。

      • Network * 設定は、 DHCP によって割り当てられた BMC IP アドレスを保持するために使用されます。

      • Authentication 設定は、 BMC ログイン用に構成されたカスタムアカウントを保持するために使用されます。

  5. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

  6. [* ファームウェア・アップデート * ] をクリックします。

  7. すべての構成を保持 * チェックボックスを無効にします。

    注記 「 * すべての設定を保持 * 」チェックボックスが無効になっていることを確認します。
  8. 更新を実行するために使用するコンピュータで、 BMC アップデートパッケージの内容を展開します。

  9. BMC Web UI の * ファームウェア・アップデート * ページの * ファームウェア・イメージの選択 * セクションで、 * ファイルの選択 * をクリックします。

  10. 解凍したパッケージの内容内の 'rom.IMA_enc' ファイルを参照して選択します

  11. ファームウェアアップデートの開始 * をクリックし、続行するかどうかを確認するメッセージが表示されたら * OK * をクリックします。

  12. ファームウェアのリセットが実行されていることを示すプロンプトが表示されたら、 * OK * をクリックします。

  13. 数分後に、新しいブラウザタブを使用して BMC Web UI にログインします。

  14. BMC ダッシュボードで、 * Device Information * > * more info * に移動します。

  15. ファームウェアリビジョン * が * 3.84.07 * であることを確認します。

  16. クラスタ内の残りの H610S ストレージノードについて、この手順を実行します。

詳細はこちら