日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NetApp HCI の新機能

寄稿者 netapp-dbagwell netapp-pcarriga このページの PDF をダウンロード

ネットアップでは、 NetApp HCI を定期的に更新して、新機能、拡張機能、およびバグ修正を提供しています。NetApp HCI 1.9P1 にはストレージクラスタ用の Element 12.3.1 が含まれます。

  • NetApp HCI 1.9P1 セクションでは、 NetApp HCI バージョン 1.9P1 の新機能とアップデートについて説明します。

  • Element 12.3.1 ここでは、 NetApp Element 12..1 の新機能とアップデートについて説明します。

NetApp HCI 1.9P1

NetApp HCI 1.9P1 では、セキュリティと安定性が向上しています。

Element 12.3.1

NetApp HCI 1.9P1 にはストレージクラスタ用の Element 12.3.1 が含まれます。

ストレージファームウェアバンドル 2.99.2

Element 12.3.1 リリースには、ストレージファームウェアバンドルバージョン 2.99.2 が含まれています。ストレージクラスタがすでに Element 12.3 にある場合は、新しい 2.99.2 ファームウェアバンドルをインストールするだけで済みます。

NetApp Bugs Online には、既知の問題と解決済みの問題があります

既知の問題と解決済みの問題の一覧については、 NetApp Bugs Online ツールを参照してください。これらの問題は Element およびその他の製品で参照できます から "NetApp Bugs Online では"

手順
  1. に進みます "NetApp Bugs Online では"

  2. [ キーワードで検索 * ] フィールドに、製品名(「要素」など)を入力します。

  3. を選択します プラスアイコンをクリックし、 * バージョンで固定 * フィルタを選択し、 * OK * を選択します。

    BOL フィルタの位置合わせ = "center"

  4. [ 新規検索( New Search ) ] を選択します。

  5. [ バージョン * で固定 ] フィールドにリリースバージョンを入力します。

詳細については、こちらをご覧ください