日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージクラスタのボリュームを監視する

寄稿者 amgrissino netapp-dbagwell netapp-mwallis このページの PDF をダウンロード

SolidFire システムは、ボリュームを使用してストレージをプロビジョニングします。ボリュームは、 iSCSI または Fibre Channel クライアントがネットワーク経由でアクセスするブロックデバイスです。ボリュームに関連付けられているアクセスグループ、アカウント、イニシエータ、使用済み容量、 Snapshot データ保護のステータス、 iSCSI セッションの数、およびサービス品質( QoS )ポリシーに関する詳細を監視できます。

また、アクティブボリュームと削除されたボリュームの詳細も確認できます。

このビューでは、最初に使用済み容量の列を監視することを推奨します。

この情報にアクセスできるのは、 NetApp Hybrid Cloud Control の管理者権限がある場合のみです。

手順
  1. Web ブラウザを開き、管理ノードの IP アドレスにアクセスします。例:

    https://[management node IP address]
  2. NetApp HCI ストレージクラスタ管理者のクレデンシャルを指定して NetApp Hybrid Cloud Control にログインします。

  3. 左側のナビゲーション青いボックスで、 NetApp HCI のインストールを選択します。

    Hybrid Cloud Control Dashboard が表示されます。

  4. 左側のナビゲーションで、クラスタを選択し、 * Storage * > * Volumes * を選択します。

    HCC Volumes ( HCC ボリューム)ページ > Overview (概要)タブの画像
  5. Volumes (ボリューム)ページで、次のオプションを使用します。

    HCC Volumes ページのアイコン
    1. [ * フィルタ * ( * Filter * ) ] アイコンをクリックして、結果をフィルタ処理します。

    2. 列を非表示または表示するには、 * 非表示 / 表示 * アイコンをクリックします。

    3. [ 更新 * ( Refresh ) ] アイコンをクリックして、データを更新します。

    4. 「 * ダウンロード * 」アイコンをクリックして CSV ファイルをダウンロードします。

  6. 使用済み容量の列を監視します。警告、エラー、または重大のしきい値に達すると、使用済み容量のステータスが色で示されます。

    1. 警告 - 黄色

    2. エラー - オレンジ

    3. Critical - 赤

  7. ボリュームビューで、タブをクリックしてボリュームのその他の詳細を確認します。

    1. * アクセスグループ * :イニシエータから一連のボリュームにマッピングされたボリュームアクセスグループを表示して、アクセスを保護できます。

      については、を参照してください "ボリュームアクセスグループ"

    2. * アカウント * :クライアントがノード上のボリュームに接続できるようにするユーザアカウントを表示できます。ボリュームには、作成時に特定のユーザアカウントが割り当てられます。

      については、を参照してください "NetApp HCI ユーザアカウント"

    3. * イニシエータ * :ボリュームの iSCSI イニシエータ IQN または Fibre Channel WWPN を確認できます。アクセスグループに追加された各 IQN は、 CHAP 認証なしでグループ内の各ボリュームにアクセスできます。アクセスグループに追加された各 WWPN は、アクセスグループ内のボリュームへの Fibre Channel ネットワークアクセスを許可します。

    4. * QoS ポリシー * :ボリュームに適用されている QoS ポリシーを確認できます。QoS ポリシーは、最小 IOPS 、最大 IOPS 、バースト時の IOPS の標準的な設定を複数のボリュームに適用します。

      については、を参照してください "パフォーマンスポリシーと QoS ポリシー"

詳細については、こちらをご覧ください