日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

2 ノードクラスタのストレージノードを交換

寄稿者 netapp-amitha このページの PDF をダウンロード

2 ノードクラスタの一部であるストレージノードを交換する前に、最初に 3 つ目のストレージノード(新しい IP アドレスのセットが必要)を追加し、同期を完了させてから、障害ノードを削除してください。交換用ノードがクラスタに追加されるまで、クラスタはデグレード状態のままです。

必要なもの
  • 新しい管理 IP アドレスとストレージ IP アドレスを用意します。

  • ノードがオフラインになった後 ' クラスタに ClusterCannotSync' アラートが表示されていることを確認しておきますこれにより、新しいノードがクラスタに再度追加されたときに、クラスタの完全な再同期が実行されます。このアラートは、ストレージノードがオフラインになってから約 6 分後に表示されます。

  • ネットアップサポートに問い合わせます。交換用製品を注文する場合は、ネットアップサポートでケースをオープンする必要があります。

  • 交換用ノードを入手します。

  • 静電放電( ESD )リストバンドを装着するか、静電気防止処置を行っておきます。

VMware vSphere Web Client のアラームでは、ホストで障害が発生するとアラートが通知されます。VMware vSphere Web Client で障害が発生したホストのシリアル番号を、ノード背面のステッカーに記載されているシリアル番号と一致させる必要があります。

手順
  1. 障害が発生したノードをラックから物理的に取り外します。実行する手順は、使用するストレージノードのタイプによって異なります。を参照してください "H410S ノードを交換します" および 。

    注記 この時点では、クラスタからノードを削除しないでください。
  2. 交換用ノードを同じスロットに設置します。

  3. ノードをケーブル接続

  4. ノードの電源をオンにします。

  5. キーボードとモニタをノードに接続

  6. 設定手順を実行します。

    1. IPMI / BMC IP アドレスを設定します。

    2. 新しい管理 IP アドレスとストレージ IP アドレス、およびクラスタ名を使用して新しいノードを設定します。

  7. ノードをクラスタに追加したら、ドライブを追加します。

  8. 同期が完了したら、障害が発生したドライブとノードをクラスタから削除します。

  9. NetApp Hybrid Cloud Control を使用して、追加した新しいストレージノードを設定します。を参照してください "NetApp HCI ストレージリソースを展開します"