• ホーム
  • ドキュメント
  • HCI
  • を使用して、 NetApp HCI システムの vSphere コンポーネントをアップグレードします vCenter Server 向け Element プラグイン
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

を使用して、 NetApp HCI システムの vSphere コンポーネントをアップグレードします vCenter Server 向け Element プラグイン

寄稿者 amgrissino netapp-dbagwell このページの PDF をダウンロード

NetApp HCI 環境の VMware vSphere コンポーネントをアップグレードするときは、 Element Plug-in for vCenter Server についていくつかの追加の手順を実行する必要があります。

手順
  1. vCSA のアップグレード "クリア" プラグインの QoSSIOC 設定( * NetApp Element Configuration > QoSSIOC Settings * )。[QoSSIOC Status] フィールドには、プロセスの完了後に「 Not Configured 」と表示されます。

  2. vCSA と Windows のアップグレード "登録解除します" 登録ユーティリティを使用してプラグインを関連付けられている vCenter Server からプラグインを削除します。

  3. "vCenter Server 、 ESXi 、 VM 、その他の VMware コンポーネントを含む vSphere をアップグレードします"

    注記 用のコンピューティングノードの ESXi をアップグレードする場合 "2 ノードクラスタ"では、一度に 1 つのコンピューティングノードのみをアップグレードして、一時的に 1 つの監視ノードのみが使用不能になり、クラスタクォーラムを維持できるようにします。
  4. "登録" vCenter で Element Plug-in for vCenter Server を再度実行します。

  5. "クラスタを追加" プラグインを使用する。

  6. "QoSSIOC を設定します" プラグインを使用する。

  7. "QoSSIOC を有効にします" プラグインで制御されているすべてのデータストアが対象です。

詳細については、こちらをご覧ください