日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NetApp HCI でアラート監視を設定する

寄稿者 netapp-dbagwell amgrissino このページの PDF をダウンロード

NetApp HCI システムでアラートを監視するように設定を行うことができます。

NetApp HCI のアラート監視は、 NetApp HCI ストレージクラスタのシステムアラートを vCenter Server に転送して、 vSphere Web Client インターフェイスで NetApp HCI のすべてのアラートを表示できるようにします。

注記 これらのツールは、 SolidFire オールフラッシュストレージなどのストレージ専用クラスタでは設定も使用もされません。これらのクラスタに対してツールを実行すると、「 webUIParseError : Invalid response from server 」のような 405 エラーが表示されますが、これは想定される設定です。405`
  1. ノード単位の管理ノード UI を開きます (`https://[IP address:442')

  2. [* Alert Monitor*] タブをクリックします。

  3. アラート監視オプションを設定します。

アラート監視オプション

オプション( Options ) 説明

Alert Monitor テストを実行します

モニタシステムテストを実行して次の項目を確認します。

  • NetApp HCI と VMware vCenter の接続

  • データストア情報を使用した NetApp HCI と VMware vCenter のペアリング QoSSIOC サービスによって提供されます

  • 現在の NetApp HCI アラームと vCenter アラームのリスト

アラートを収集します

NetApp HCI ストレージアラームの vCenter への転送を有効または無効にします。ドロップダウンリストからターゲットのストレージクラスタを選択できます。このオプションのデフォルト設定は「 enabled 」です。

ベストプラクティスアラートを収集

NetApp HCI ストレージのベストプラクティスアラートの vCenter への転送を有効または無効にします。ベストプラクティスアラートは、最適化されていないシステム構成によってトリガーされた障害です。このオプションのデフォルト設定は「ディセーブル」です。無効にすると、 NetApp HCI ストレージのベストプラクティスアラートは vCenter に表示されません。

サポートデータを AIQ に送信

VMware vCenter から NetApp SolidFire Active IQ へのサポートデータと監視データのフローを制御します。

オプションは次のとおりです。

  • Enabled : vCenter アラーム、 NetApp HCI ストレージアラーム、およびサポートデータがすべて NetApp SolidFire Active IQ に送信されます。ネットアップによる NetApp HCI インストールのプロアクティブなサポートと監視が可能となるため、システムに影響が及ぶ前に問題を検出して解決できます。

  • Disabled : vCenter アラーム、 NetApp HCI ストレージアラーム、サポートデータはいずれも NetApp SolidFire Active IQ に送信されません。

注記 NetApp Deployment Engine を使用して AIQ へのデータの送信 * オプションをオフにした場合は、が必要です "テレメータを有効にします" このページから、管理ノードの REST API を使用してサービスを設定し直してください。

コンピューティングノードのデータを AIQ に送信

コンピューティングノードから NetApp SolidFire Active IQ へのサポートデータと監視データのフローを制御します。

オプションは次のとおりです。

  • Enabled :コンピューティングノードに関するサポートデータと監視データが NetApp SolidFire Active IQ に転送されるため、コンピューティングノードのハードウェアをプロアクティブにサポートできます。

  • Disabled :コンピューティングノードに関するサポートデータと監視データは NetApp SolidFire Active IQ に転送されません。

注記 NetApp Deployment Engine を使用して AIQ へのデータの送信 * オプションをオフにした場合は、が必要です "テレメータを有効にします" このページから、管理ノードの REST API を使用してサービスを設定し直してください。

詳細はこちら