日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

GPU 対応のコンピューティングノード用の GPU ドライバをインストールします

寄稿者 netapp-mwallis akseldavis netapp-dbagwell このページの PDF をダウンロード

H610C などの NVIDIA グラフィックス処理ユニット( GPU )を搭載したコンピューティングノードでは、 NVIDIA ソフトウェアドライバを VMware ESXi にインストールして、強化された処理能力を活用できるようにする必要があります。GPU を搭載したコンピューティングノードを導入したら、 GPU 対応の各コンピューティングノードで以下の手順を実行して、 GPU ドライバを ESXi にインストールする必要があります。

手順
  1. ブラウザを開き、次の URL から NVIDIA ライセンスポータルにアクセスします。

    https://nvid.nvidia.com/dashboard/
  2. ご使用の環境に応じて、次のいずれかのドライバパッケージをコンピュータにダウンロードします。

    vSphere のバージョン ドライバパッケージ

    vSphere 6.5 の場合

    「 nvidia -grid-vsphere-6.5-410.92-410.91-412.16.zip 」という形式のファイルがあります

    vSphere 6.7

    「 nvidia -grid-vsphere-6.7-410.92-410.91-412.16.zip」 と入力します

  3. ドライバパッケージをコンピュータに展開します。

    圧縮されていないドライバファイル .VIB ファイルが展開されます。

  4. コンピューターからコンピュート・ノード上で実行されている ESXi に、 `.VIB ’ドライバー・ファイルをコピーします。バージョンごとの次のコマンド例では、ドライバが管理ホストの「 $HOME/nvidia / ESX6.x/ 」ディレクトリにあることを前提としています。SCP ユーティリティはほとんどの Linux ディストリビューションに搭載されています。または、 Windows のすべてのバージョンに対応したユーティリティとしてダウンロードすることもできます。

    ESXi のバージョン 説明

    ESXi 6.5 の場合

    'cp $HOME/nvidia / ESX6.5/nvidia **.vib root@<ESX_IP_addr>:/

    ESXi 6.7

    'cp $HOME/nvidia / ESX6.5/nvidia **.vib root@<ESX_IP_addr>:/

  5. 次の手順に従って、 root として ESXi ホストにログインし、 NVIDIA vGPU Manager を ESXi にインストールします。

    1. 次のコマンドを実行して、 root ユーザとして ESXi ホストにログインします。

      ssh root@<ESXi_IP_ADDRESS>
    2. 次のコマンドを実行して、 NVIDIA GPU ドライバが現在インストールされていないことを確認します。

      nvidia-smi

      このコマンドは 'nvidia-smi: not found' というメッセージを返す必要があります

    3. 次のコマンドを実行して、ホストのメンテナンスモードを有効にし、 VIB ファイルから NVIDIA vGPU Manager をインストールします。

      esxcli system maintenanceMode set --enable true
      esxcli software vib install -v /NVIDIA**.vib

      「 Operation finished successfully 」というメッセージが表示されます。

    4. 次のコマンドを実行して、 8 つの GPU ドライバがすべてコマンド出力に表示されることを確認します。

      nvidia-smi
    5. 次のコマンドを実行して、 NVIDIA vGPU パッケージが正しくインストールされ、ロードされたことを確認します。

      vmkload_mod -l | grep nvidia

      コマンドは、「 nvidia 816 13808 」のような出力を返す必要があります

    6. 次のコマンドを実行してホストをリブートします。

      reboot -f
    7. 次のコマンドを実行してメンテナンスモードを終了します。

      esxcli system maintenanceMode set --enable false
  6. 新たに導入した NVIDIA GPU 搭載の残りのコンピューティングノードについて、手順 4~6 を繰り返します。

  7. NVIDIA のドキュメントサイトに記載された手順に従って、次のタスクを実行します。

    1. NVIDIA ライセンスサーバをインストールします。

    2. NVIDIA vGPU ソフトウェア用に仮想マシンゲストを設定します。

    3. 仮想デスクトップインフラ( VDI )環境で vGPU 対応のデスクトップを使用している場合は、 NVIDIA vGPU ソフトウェア用に VMware Horizon View を設定します。