日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Keystoneの運用モデル

寄稿者

NetApp Keystone (Keystone)STaaSは、パートナー様が運用するモデルとお客様が運用するモデルの2つのサービス提供モデルを提供します。

  • パートナーが運用するモデル:パートナーまたはサービスプロバイダがエンドカスタマー向けのサービスを運用しています。ネットアップでは、パートナー様が参照先の契約者となります。テナントはパートナー様のお客様であり、ネットアップとの請求関係はありません。パートナー運用モデルにはマルチテナント環境があり、テナントやエンドユーザ/サブテナントにはパートナー様が課金する独自のサブスクリプションがあります。パートナー管理者は、すべてのテナントに対して管理タスクを実行します。

  • お客様が運用するモデル:お客様は、選択したサービスレベルとストレージに応じてKeystoneサービスをサブスクライブできます。ネットアップはアーキテクチャと製品を定義し、Keystoneをお客様のオンプレミスに導入します。ストレージとITリソースを使用してインフラを管理する必要があります。お客様は、テナントまたはサブテナントとして、ネットアップまたはパートナー/サービスプロバイダに所属しています。お客様の契約に基づいて、ネットアップまたはサービスプロバイダが対応するサービスリクエストを発行できます。管理者は、サイト(環境)で管理タスクを実行できます。これらのタスクは、環境内のユーザに関連付けられます。

サービスライフサイクル全体での役割と責任

  • * パートナー運用モデル * :役割と責任の共有は、パートナー様とサービスプロバイダまたはパートナー様の SLA によって異なります。詳細については、サービスプロバイダにお問い合わせください。

  • * お客様が運用するモデル * :次の表は、サービスライフサイクル全体のモデルと、お客様が運用する環境におけるサービスライフサイクルモデルに関連する役割と責任をまとめたものです。

タスク ネットアップ お客様

インストールと関連タスク

  • をインストールします

  • 設定

  • 導入

  • オンボード

なし

管理と監視

  • モニタ

  • レポート

  • 管理タスクを実行

  • アラート

なし

運用と最適化

  • 容量の管理

  • パフォーマンスを管理

  • SLA を管理します

なし

サポート

  • お客様をサポート

  • ハードウェア障害の修正

  • ソフトウェアサポート

  • アップグレードとパッチ

なし

導入の詳細については、を参照してください "Keystoneインフラ" および "導入用のコンポーネント"