Skip to main content
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Keystone サービスの容量の定義

共同作成者

NetApp Keystone サービスの容量は次のとおりです。

論理容量

これは、お客様がKeystoneインフラに配置したデータです。Keystoneのすべての容量は論理容量を表します。たとえば、1TiBのファイルがKeystoneインフラに格納された場合、少なくとも1TiB以上の容量を購入する必要があります。

コミット済み容量

期間中に毎月請求される最小論理容量。

  • 容量は各サービスレベルにコミットされます。

  • この期間中はコミット済み容量を減らすことはできません。

  • コミット済み容量および追加のサービスレベルは、期間中に追加できます。

コミット済み容量に対する変更

サブスクリプションの期間中に、コミット済み容量を変更できます。ただし、前提条件は次のとおりです。

  • コミット済み容量を削減することはできません

  • サブスクリプションをさらに12カ月延長する場合を除き、サブスクリプションの有効期限の90日前にコミット済み容量を増やすことはできません。

  • コミット済み容量の変更は、Keystone Success Managerを通じて申請できます。

バースト時の容量

コミット済み容量を超えている論理容量です。次の点に注意してください。

  • Keystoneサービスは、コミット済み容量よりも20%多くの容量を提供します。

  • バースト時の容量は柔軟に消費でき、 1 日あたりの平均消費量に基づいて課金されます。

  • バースト時の容量は20%まで、コミット済み容量と同じ速度で充電されます。

  • バースト時の容量がコミット容量の 20% を超えると、プレミアム料金が発生します。20% を超えるその他のバースト要件については、サポートにお問い合わせください。

使用済み / プロビジョニング済み容量

使用済み容量は、サービスで現在使用されているストレージの容量( TiB )です。Keystoneサービスでは、特定のサービスレベルですべてのボリュームのプロビジョニング済みサイズの合計(使用済み論理容量や物理容量ではない)が、そのサービスレベルの消費容量とみなされます。これには、次のもの

  • ボリュームの作成、変更、削除、または自動拡張によってプロビジョニングされた容量。

  • Snapshot コピーとクローン:

    メモ プロビジョニングされた容量に格納されているデータの量、またはディスクに実際に書き込まれたデータの量は考慮されません。

請求容量

月次請求 = (コミット済み容量 [TiB ] * コミット率 [TiB / TiB ] ) + (日単位の平均プロビジョニングバースト容量 [TiB ] * バーストレート [TiB / TiB ] )月単位の課金には、コミット済み容量に基づく最小料金が含まれます。

月単位の請求額は、日単位の平均バースト容量の消費量に基づいて、最小料金を超えます。課金の詳細については、を参照してください "Keystoneの課金"