日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

同期関係の管理

寄稿者 netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

データの即時同期やスケジュールの変更などにより、いつでも同期関係を管理できます。

データの即時同期を実行しています

スケジュールされた次回の同期を待つのではなく、ボタンを押すと、ソースとターゲットの間でデータをすぐに同期できます。

手順
  1. 同期ダッシュボード * で、同期関係にカーソルを合わせ、操作メニューをクリックします。

    同期関係の上にマウスを置いたときに表示されるアクションメニューを示すスクリーンショット。

  2. [ 今すぐ同期 ] をクリックし、 [* 同期 *] をクリックして確定します。

    このスクリーンショットは、同期関係で実行できるアクションを示しています。

Cloud Sync は、関係のデータ同期プロセスを開始します。

同期パフォーマンスの高速化

リレーションシップにデータブローカーを追加することで、同期リレーションシップのパフォーマンスを向上させます。追加のデータブローカーには、 _NET_DATA ブローカーを指定する必要があります。

関係内の既存のデータブローカーが他の同期関係で使用されている場合、 Cloud Sync は自動的に新しいデータブローカーをこれらの関係に追加します。

たとえば、次の 3 つの関係があるとします。

  • 関係 1 はデータブローカー A を使用します

  • Relationship 2 では、データブローカー B が使用されます

  • Relationship 3 では、データブローカー A を使用します

リレーションシップ 1 のパフォーマンスを高速化して、そのリレーションシップに新しいデータブローカーを追加したいと考えています ( データブローカー C) 。データブローカー A はリレーションシップ 3 でも使用されるため、新しいデータブローカーも自動的にリレーションシップ 3 に追加されます。

手順
  1. 関係にある既存のデータブローカーの少なくとも 1 つがオンラインであることを確認します。

  2. 同期関係の上にカーソルを置いて、 [ アクション ] メニューをクリックします。

  3. [*Accelerate] をクリックします。

    "同期関係のアクションメニューを示す Cloud Sync のスクリーンショット。[Accelerate は、マウスポインタで強調表示されます。"]

  4. プロンプトに従って、新しいデータブローカーを作成します。

Cloud Sync は、新しいデータブローカーを同期関係に追加します。次のデータ同期のパフォーマンスを高速化する必要があります。

クレデンシャルを更新し

データブローカーを、既存の同期関係にあるソースまたはターゲットの最新のクレデンシャルで更新できます。クレデンシャルの更新は、セキュリティポリシーで定期的にクレデンシャルの更新が要求される場合に役立ちます。

クレデンシャルの更新は、 Cloud Sync で Azure Blob サーバ、 IBM Cloud Object Storage 、 StorageGRID 、 ONTAP S3 ストレージ、 SFTP 、 SMB サーバのクレデンシャルが必要なソースとターゲットでサポートされます。

手順
  1. * 同期ダッシュボード * で、資格情報が必要な同期関係に移動し、 * 資格情報の更新 * をクリックします。

    "ソースまたはターゲットの名前のすぐ下にある [ 関係の同期 ページの [ 資格情報の更新 ] オプションを示すスクリーンショット。"]

  2. クレデンシャルを入力し、 * Update * をクリックします。

    SMB サーバに関する注意:新しいドメインの場合は、クレデンシャルを更新するときにドメインを指定する必要があります。ドメインが変更されていない場合は、再度入力する必要はありません。

    同期関係の作成時にドメインを入力したが、クレデンシャルの更新時に新しいドメインを入力しなかった場合、 Cloud Sync は指定した元のドメインを使用し続けます。

Cloud Sync でデータブローカーのクレデンシャルが更新されます。データブローカーがデータ同期用に更新されたクレデンシャルを使用して起動するまで、 10 分程度かかる場合があります。

同期関係の設定を変更する

ソースファイルとフォルダの同期方法とターゲットの場所での保持方法を定義する設定を変更します。

  1. 同期関係の上にカーソルを置いて、 [ アクション ] メニューをクリックします。

  2. [* 設定 * ] をクリックします。

  3. 設定を変更します。

    同期関係の設定を示すスクリーンショット。

    [ 削除ソース ] 各設定の簡単な説明を次に示します。

    スケジュール

    以降の同期に対して繰り返し実行するスケジュールを選択するか、同期スケジュールをオフにします。データを 1 分ごとに同期するように関係をスケジュールできます。

    再試行

    ファイルをスキップする前に Cloud Sync がファイルの同期を再試行する回数を定義します。

    で比較してください

    これらの属性をオフにしても、 Cloud Sync はパス、ファイルサイズ、およびファイル名をチェックしてソースとターゲットを比較します。変更がある場合は、それらのファイルとディレクトリが同期されます。

    Cloud Sync では、次の属性の比較を有効または無効にすることができます。

    • mtime: ファイルの最終変更時刻。この属性はディレクトリに対しては無効です。

    • uidgid * 、および * mode : Linux の権限フラグ。

    オブジェクトのコピー

    関係の作成後にこのオプションを編集することはできません。

    最近変更されたファイル

    スケジュールされた同期よりも前に最近変更されたファイルを除外するように選択します。

    ソース上のファイルを削除します

    このオプションを有効にする場合は、データブローカーで local.json ファイルのパラメータも変更する必要があります。ファイルを開き、 workers.transferrer.delete-on-source という名前のパラメータを * true * に変更します。

    ターゲット上のファイルを削除します

    ソースからファイルが削除された場合は、ターゲットの場所からファイルを削除することを選択します。デフォルトでは、ターゲットの場所からファイルが削除されることはありません。

    ファイルの種類

    各同期に含めるファイルタイプ(ファイル、ディレクトリ、シンボリックリンク)を定義します。

    ファイル拡張子を除外します
    ファイルサイズ

    サイズに関係なくすべてのファイルを同期するか、特定のサイズ範囲のファイルのみを同期するかを選択します。

    変更日

    最後に変更した日付、特定の日付以降に変更されたファイル、特定の日付より前、または期間に関係なく、すべてのファイルを選択します。

    アクセス制御リストをターゲットにコピーします

    ソースの SMB 共有とターゲットの SMB 共有の間でアクセス制御リスト( ACL )をコピーするように選択します。このオプションを使用できるのは、 2020 年 2 月 23 日リリース以降に作成された同期関係のみです。

  4. [ 設定の保存 *] をクリックします。

Cloud Sync は、新しい設定との同期関係を変更します。

関係の削除

ソースとターゲットの間でデータを同期する必要がなくなった場合は、同期関係を削除できます。このアクションでは、データブローカーインスタンスは削除されず、ターゲットからデータは削除されません。

手順
  1. 同期関係の上にカーソルを置いて、 [ アクション ] メニューをクリックします。

  2. [ 削除 ] をクリックし、もう一度 [ 削除 ] をクリックして確定します。

Cloud Sync は同期関係を削除します。